世古将司のブログ

大阪小売業者

カルティエあげ)を導入Louis新しいRondeあげ焔金工芸チーター装飾腕時計

 カルティエ師匠シリーズ継金属珠粒、エナメル珠粒と金銀糸細工工芸の後、訪れる焔金工芸をエナメルのようなツヤ、絵のようになってRondeなどのマイクロLouisあげチーター装飾腕時計。全体の色調が深い豊富、からまでベージュ茶色の繊細な変化、豹耳まで豹鼻、1か所の詳細も生き生きとチーターの毛皮の色やリンゴ形指針のコントラスト。カルティエは時計の中で台形の切断ダイヤモンドを敷いて、巧みな人のマスターの技術はきらきら光っています。
焔金工芸のインスピレーションを通じて金属表面の色を変えると加熱の藍鋼指針工芸、操作時に精確火加減が必要。各種の色は温度変化に伴い、ブルーは最高温度、ベージュは最低温度。工芸大家まず18金文字盤に雕刻や「繊細に描いて」のチーターの毛皮の図案、それをゴールド?文字盤炎で加熱し、第一種類の色が次に浮かぶが、後に繰り返しこの工程を得るまで最も豊富の完全な色の効果。この技術は繊細な精度の手法を求めて、更にはありませんしていないであることを求めて、更にはありません。1種の色は加熱過程で変化して、少し注意してすぐに一簣之功になる可能性がある。

随分ボンシックで経典、星たちも手放せない!中外スターがカルティエを演じる

 としては歴史は悠久の創意タブ先駆者として、カルティエ転覆性の設計毎回更新人々は腕時計型の固有の概念をあげ、Cl Eの腕時計、同様に。
自の登場以来、それはつまり簡明な優雅なデザインと質感多くの中外スター好きで1株のファッション風潮。「Cl E」は、フランス語で「鍵」で、お気に入りそのまるでジュエリー、鍵の表に似ている冠のロマンチックなデザインも、扉のファッションの利器。ちょうど有名な映画監督兼ファッションIconソフィーナ・コッポラ(Sofia Coppola)「Cl Eの腕時計は組み合わせてあげやすい様々な造形、全体の造型のポイントで、それは美しくて低調で、気質の非凡だが、少しも借家栄えて母屋倒るない。」

このもっと高級とファッションの「アクセ」、腕時計と誰か!

 ファッションウィークはちょうど過去まもなく、細心の注意と発見して、ファッション精達に1件の小物になった心、それは腕時計!ポスターのお話たいが大多数の型の人の目には、腕時計は腕時計も、更に高級と実用的な「アクセサリー」。早く春にあたり、また綿入れを着てTシャツと斉の時、どんなにそれが振り回さばかり、間違いの腕時計!

博主は推薦に値するかどうか、面白さも重要です!

 一つのブロガーに推薦されるに値するかどうかばかりして関わる衣Qや顔値、彼女が現れるファッションの態度は非常に重要で、それでもし彼女は非常に面白い話はそれが一番。ぜひ皆さんに紹介しManona Che、こちらからロシアブログ主は自分を合わせるいかなる一人を思わなかった、彼女の個人ブログで直球の文字は現実と、彼女はとても美しい写真が撮れて、他の人と話を拒否絞り、フォーカスなど彼女はまったくわからない言葉ます;更に大切なものはから、戦闘民族の彼女は、なんとウォンのファン。

クロノオフショア1 復刻限定は要注目

エドックスは、 “THE WATER CHAMPION”をコンセプトに掲げるスイスブランド。高性能なダイバーズウオッチの製造を得意とする同社らしく、パワーボートレースの世界観を表現した「クロノオフショア1」がフラッグシップコレクションとなっています。

「クロノオフショア1 コレクション」は、海のF1ともいわれるパワーボートレースCLASS-1をサポートする時計として2007年に登場。水上での過酷な戦いにも耐える50気圧防水を備え、デザインも洗練された時計は今も多くの支持を得ています。

エリザベス2世も戴冠式で着用したキャリバー101

自社で一貫して時計を製造できるメーカーを時計界では「マニュファクチュール」と呼び、特別な存在として位置付けれられています。ジャガー・ルクルトは、マニュファクチュールの代名詞的な存在として位置づけられていて、スイス時計界でも別格の技術力を有しています。

そのジャガー・ルクルトが1929年に開発したのが、「キャリバー101」。縦14mm×幅4.8mm、質量はわずか1gという極小の角型手巻きムーブメントでした。

 

キャリバー101の体積はわずか0.2立方センチメートル。そのわずかな空間に98個の部品を収納し、毎時2万1600振動で時を刻む手巻きムーブメントは、「時計界の奇跡」と称され、1953年にはエリザベス2世が戴冠式でキャリバー101搭載モデルを着用したといわれています。

ビジネスシーンにもマッチする、程よいサイズと躍動感

 

「プロスペックス ダイバー スクーバ Produced by LOWERCASE」は、元ビームス・クリエイティブディレクターで、現在はクリエイティブ・コンサルティングファーム「LOWERCASE」の代表を務める梶原由景氏が監修しています。

外胴プロテクター構造を持つセイコーのダイバーズウオッチは、1975年からのロングセラー。これをタウンユース向けにひと回り小さくアレンジした1stコレクションは、6月に発売されるや好評を博しました。

2ndコレクションとなる最新作も同様のサイズ感を採用。そして、ムーブメントには外胴プロテクター構造のモデルで初めてソーラー駆動のクロノグラフが採用されました。

日本人初!ゼニスのアンバサダーに上原浩治投手が就任

 

ゼニスはアメリカメジャーリーグで活躍するボストン・レッドソックスの上原浩治投手と日本人初となるブランドアンバサダー契約を結び、2月2日に都内で就任式が行われスポーツモデルの「エル・プリメロ ストラトス スピンドリフト」が授与された。上原投手は多くのマスコミの前で緊張した様子で、『日本人初のワールドワイドのアンバサダーということで責任を感じている。ブランドの名に恥じないよう新たな気持ちでシーズンにのぞみたい。』と語った。

 もともと腕時計好きで20本ほどを所有しており、ゼニスのユーザーでもあった上原投手。『ゆくゆくは上原浩治モデルも良いですね。それもシンプルで日常的に誰もが使用できるデザインが理想。売れないと僕が全部買わないといけないので・・・』とトークで会場を沸かせる場面もあった。今シーズンの目標においては『毎年、今年が最後と思ってやっている。一年でも長く現役を続けることが目標』とも語り、今後の活躍が期待される。

ンブラン 4810 ツインフライ クロノグラフ 110周年記念エディション

 

 続いて紹介するのがこちらの「ツインフライ クロノグラフ」だ。ワールドワイドな時間管理と高機能な時間測定・・・。当時の最新鋭の技術と国威を賭けた豪華な室内装飾を凝縮したオーシャンライナーで20世紀初頭に大西洋を横断した旅行者であれば、このモデルの2つのコンプリケーションであるデイ&ナイト表示付セカンドタイムゾーンの24時間表示と、自社開発のツインフライクロノグラフが大変役に立つものであるであろうことを想像してみてほしい。ゆったりと優雅な時間が流れる往時の航海に敬意を表し、12時位置のホームタイム表示には、北大西洋を中心とする世界地図が描かれている。

モンブラン 4810 エグゾトゥールビヨン スリム 110周年記念エディション

 

まずは上記写真の3点から紹介したい。大西洋を横断する旅行者、商人、移民に無限の可能性をもたらした北米大陸が、カリブ海と大西洋岸からグレートプレーンズとロッキー山脈を超えて太平洋へ至るまで、ダークブルーの海、木々の生い茂った森や草原、さらに砂色の砂漠や尾根が描かれた地形図は、手作業で丁寧に色つけされたもので、限定36本のタイムピースは一つ一つが微妙にタッチが異なる唯一無二の作品となっており、まさに「世界に一つだけ」の自分のモデルとなる。(ノースアメリカ36)また、姉妹作として、アジア大陸を描いたモデル(アジア38)と、ヨーロッパ大陸(ヨーロッパ36)を描いたモデルも同様の製作工程で作られる。

«111112113114115116117118119120»

Copyright by 大阪小売業者-世古将司のブログ HP: http://www.osakaretailers.top/