« 上一篇下一篇 »

Huブルーの舶来表の大爆発の腕時計チェーンの優劣な欠点

多くの文章の中で私達はすべて言及したことがあって、時計のチェーンの帯はどんなに重要ですか。時計帯と表殻の調和が結びついているため、少なくとも視覚的には感官の価値がある。有名な愛人を思えば、皇室の樫の木は、宇舶Big Banと似ていると思いますが、それは優雅に太いチェーンで設計されています。このタイプのチェーンデザインは、ゴムンやBig Banのような腕時計にとって特に重要だと思います。

カバー腕時計は珍しくありませんが、時計の小売業者は販売過程で1つの問題を反応することができて、すぐ一部の消費者は異なるチェーンの腕時計を持っていることが好きで、しかし普通の表帯は確かにBig Banのこのような特殊なチェーンよりも簡単に多いことが必要です。単位生産コストの面だけではなく、研究や開発方向にも反映されている。このチェーンは厳格な設計を経なければならないが、多くの場合、多くのブランドが直接に比較的簡単な製品を使用することを望んでいる。大爆発のユニホームシリーズの最も面白い機能は、腕時計が長さを放つバンドで、着脱することができます。あるいは別のバンドを交換したり、専門のどちらかと思うと、大爆発のバンドを購入するのは良い選択です。このデザインのコンセプトが発売された後、4つのバージョンの大爆発のチェーンバンドが提供される。チタン金属のチェーン、18 Kの金王(基本的には赤金)など。陶磁器と金属のブレスレットはすべて黒の陶磁器の表圏にマッチすることができます。どのように組み合わせても実際には調和がとれていて全体感が溢れています。黒い陶磁器のデザインで、外観はもっと運動して、もっと年が軽くなる-しかし、このようなデザインはどのブランドでもできるのではないと信じています。