« 上一篇下一篇 »

ブランドの運命は自己強化だけでなく歴史的プロセスにも左右されます。

1925年1月1日、米国のAT&Tの社長であるWalter GiffordがWestern Electronicsの研究部門を買収し、Bell Telephone Laboratoriesという独立した組織を設立し、後にBell Labs Bellと改称しました。実験室

創業から3年後、Bell Labs Bell Labsはクォーツクォーツ時計を発明しました。定形に切断された水晶は特性があり、電圧を印加すると水晶は安定した振動を発生します。水晶振動子の規則的な振動を利用して時間を表現することは、時代の流れと言えます。

水晶クォーツ技術の利点は明らかですが、欠点は明らかです。当時、クォーツ時計は巨大で非常に電力を消費していました。伝統的な機械式時計のように手首に装着することはまったく不可能であるため、クォーツ時計の方が研究室にあります。技術の進歩に伴い、クォーツ時計は徐々に小さくなっています。 1960年代までに、クォーツ時計は箱の中に収まるように「小さく」なっていました。日本のSEIKO(セイコー)は、諏訪精工社(Su Shi Seiko House)から最初の水晶ハンド表面までの水晶発振器研究開発プログラムを開始し、10年かかりました。

1969年のクリスマスには、アストロンと呼ばれるクォーツ時計が18Kイエローゴールドで正式に発売され、45万円で販売されました。日本の金本位制に従って換算された、金1100グラムの価値は、1239米ドルに換算されました。当時、車を購入したり、13.5ロレックスのウォーターゴーストを購入することは可能でしたが、これは高価です。