« 上一篇下一篇 »

徳係はラングも彼はすぐわかるのNomos

腕時計ブランドといえば、人々の熟知したからにほかならないロレックス、积家、万国のようなスイスメーカー、実は隣人としての「ドイツ」も多く「殘忍なキャラ」を旗印に加えランゲのほか、Nomosもドイツの国宝级ブランド。Nomosといえば、人々の第一印象は「見て一目で分かる」では、その工場の所在位置が百年の歴史を持つ時計メーカーSaxony Glashutte(絶対に風水宝地、ラング、ゲーラ苏蒂オリジナル、Nomos三大メーカー道路を挟んで向かい)、Glashutteの時計匠達は細工が巧みでの手芸を作って、卓越した品質、設計の手作りならではの機械を表にNomos一目瞭然設計意識すなわち1本の腕時計の性能と可読性に「表」を余すところなく露。

Nomos工場の所在Glashutteは1か所の百年の歴史を持つ時計制作町、それの伝奇をさかのぼることができSaxony時計の製造業の創始者に由来するそうだAdolph Lange(1815-1875)と彼の息子。1845年Lange Glashutteで構築座製造腕時計の工場にしたがって、彼は自己品質の独創的なアイデアを自ら教導従業員は、多くの人を助けて自分のスタジオ。わずか数年間は、Lange所製造の機械装置および精密タイマーになっ」高度正確」の類語、甚だしきに至っては獲得スイス腕時計企業家の認め。

十九世紀Glashutteは製造最高品質の華麗な腕時計として知られ、当時の人々は「GlashutteのLange腕時計は大量生産のためのために作った。」事実上Langeの懐中時計は確かに非常に贅沢な、のような複雑な精緻な芸術品だけ、ただ富豪が買える。