« 上一篇下一篇 »

チュードル|どれらの新型はまだ出荷に狙われて

国内でよくあるハイエンドの腕時計ブランドの中で、伝統について、私は帝舵というブランドに満点をあげます。そう言って一方からチュードル時計修理率は高くありません;一方は長年の腕時計はほとんど見えない何が変化して、まるで普通の日誌型時計のように、伝統の正装表姿いつも不変で、伝統の程度までほとんどロボット。

そして今年チュードルめちゃくちゃにされたことに決めたよう、啓承碧湾やファッションシリーズの新表、私は心からのブランドは疑いを交換したデザイナー……

新表を出しただけでなく、初めて自産機のコアを応用し、高い識別度やおしゃれなストッキングをデザインして注目を集めています。そのために多くの実体店を訪れたが、残念なことに、今のところ大きなニュースはない。しかし新しいムーブメントを搭載した自分MT5612、2015年発売の靑い領潜型時計は亨吉利時計店中心西単に会った。