« 上一篇下一篇 »

ロレックスは2016年にシリーズ展示会を持ち、スピードと競う腕時計を鑑賞することを鑑賞する

「上海、じゅうに月じゅうろく日」、「ロレックス世・界」を誘って見学カキ式恒动宇宙计型迪通を腕時計の展示、この伝奇腕時計が背後の物語。今回の展覧をたたえ励起この経典腕時計の設計の霊感:スピードとモータースポーツの愛。

今回の迪通を展示するシリーズだけでなくこのシリーズの発展の歴史、更に遡る1933年のロレックス计速メーターや迪通をファン人気を誇るポール・ニューマンデザイン。「ロレックス世や界」傾情発表展示の特別興行を視聴者に提供するよりプライバシー、体験度↓の腕時計細部を探求して、その再配置更新後の内容も、多くの中身を見せてロレックス細部や精神である。

地方、1項の腕時計、1つの伝奇

宇宙计型迪通時計を持って1963年に誕生し、特にレースで設計、やがてその信頼できる優れた性能は、世界の輝かしい成果を打ち立てレース。この腕時計「DAYTONA借り」(迪通を)の名で、現在の経典の腕時計の列になって、世界で有名で人気があるのタイマー時計。

「迪通を持っても後味」の名前は、それとロレックスの経典の表の様々な連絡する前に、すでに自分の伝説を作った。この伝説は無数の陸上速度記録超動力エンジン、砂場車レースやレースの快挙達成大胆に。