« 上一篇下一篇 »

カルティエのエナメル粒工芸品が腕時計を飾っている

2016年のいち月じゅうはち日-いち月22日、第26回ジュネーヴ国際高級時計サロンはスイスジュネーヴが開幕、今回表展出展ブランドの数は空前の24社、Ralph Lauren名目にしてChristophe claretを含むきゅう、く家の独立ブランド、陣にこのような展示会の運命が思わぬサプライズ、編集に従ってください一緒に真っ先に見て満足するだろう。

本文は紹介するのは、注目の高級腕時計ブランド――カルティエ発売の新たな作品を、1枚はエナメル工芸大家から金属珠粒プロセスに霊感を汲み取って作るの腕時計。

金属の粒工芸の原理は制作小さな金珠をシャーシに飾って。エナメル技術を採用してみんな同じ工程、まずエナメルカットや小さい塊をひく粉末、ストレッチを千切り、その後に掻き節。トーチを経て加熱後、千切り段は溶け粒円珠。

大きさによって、エナメル千切り円の直径。工芸大家その後作品によって柄の色と造型、エナメル円珠を入れるシャーシ。この工芸の難易度は、異なる色のエナメルがその溶け温度が異なることにある。多くの必要から30数度の焼き方に達することができて、円して、エナメル美しい理想効果。

この新しい作品はグラフィックカードの亜大師工芸仕事坊の卓越したアイデアを尽くします。彫刻、研磨、エナメル、ジュエリー、宝石をちりばめやタブ工芸融合一体化、成就入神のわざの独特な作品。