« 上一篇下一篇 »

トップ制表業界に立脚した夢学校ゲーラソディオリジナルアルフレッド海ウィグ製表学校

ドイツのゲーラソディにあるアルフレッド・海威格製表学校は、トップ製表の分野で最も影響力のある学校の一つとして公認しています。入門試験において、受験生たちは、似たような道具の中で、最も適切なものを選んで、20分以内に提供した銅線を手本にしたアルファベットGのスタイルを選んだ。機械に対する直感的な天賦と、両手での活用が目的である。

人気のある製表学校では、運営している百年の間に、経歴が浮き沈みしているが、若い製表師に対して心をこめた選択とシステム化の訓練は途切れることもない。あくまでも申請者選抜入学の過程で、最も厳しい基準を維持しています。毎年数千を数えている若い有志の士は、一流の機械製表の夢を抱いて、製表学校の一席の地を獲得したい。

1845年、創業者と発明家はサクソンの首府ドレスデンからゲーラソティタウンに移され、現地で腕時計作りを始めた。製表師モリス・グロスマンを含む先駆者は、完全な供給システムを確立した。製表業の繁栄につれて、ゲーラのソティの未来は、若い合格製表師をどんどん育てるかどうかによって決められた。彼の努力のもと、ドイツ第一の制表学校は1878年5月1日にゲーラソディで完成しました。これから、伝統的な製表の技術はシステム化の方法を用いて伝授して、代々伝わる。