« 上一篇下一篇 »

夢を見る時2015飛亜の限界シリーズのテーマ巡展が幕を開けた

飛亜達「極限」シリーズの腕時計を縦界に融合させ、2015バーゼル国際時計展「サイレン」に登場。「帰国」後の26回目の深圳時計展では、極限シリーズと同様に異彩が広がっており、来場者と腕時計の専門家に人気がある。2015年7月11日、ハイアダ限界シリーズテーマ巡展首が武漢で盛大に開催された。ブランドの親友で、人気スターの李朝が、飛亜達「極限」シリーズの新商品の巡礼首を幕にした。今月8月10日から16日まで、ハナム省・新郷市・ニューマルトで第2駅限界シリーズの新作巡礼が行われた。今回の巡礼の全体的なデザインは、機械的な美しさを放つ工場とクールなスポーツカーの「インスピレーションによって、深圳時計展」を展開しています。

極限の巡展が幕を開ける

2014年にタイム勲章撮影テーマ巡展は、高レベルの展示デザイン、高品質な展示や、マルチメディアの運用で、腕時計や撮影愛人の中で大きな反響を呼んだ。2015年に再び世界界の波を巻き上げ、「夢を描いた瞬間」2015極限シリーズのテーマ巡展を開く。愛車一族にしても、スポーツの達人でも、機械の複雑さと美しかった腕時計の収集家を崇めたり、腕の速さと情熱を快く体験できる。今回の限界シリーズの巡展には、「光の車」を1駅ごとのイベント現場に連れていく。1400枚のG 4灯玉が作った「光の車」の輪郭は、観客を展示場に入れると、華やかな都市の夜場に身を置くように、人々を走る光の影に従って、絢爛な夜の時間を追い、200メートルの星灯が極速の光の埃となり、光の流れを描く。グラデーションなどの光の要素が、機械とスピードの視覚的な披露宴を解釈している。

極限の時は非凡に支配する

冒険を愛する人ごとにスリリングな競技場を戦うことができるのではないが、ほとんどの人は自由に使いたいという欲求を持っている。飛亜達は夢の軌跡を追いかけ、国境を越えて「腕時計」と「輿走概念」を演繹し、力と機械動能に満ちた芸術品を完璧に結びつけ、ハイアダの限界シリーズの新入生を実現し、それぞれの身を自由にした夢の時間を満喫させる。

2015年のバーゼル時計展に出展した飛亜達極限シリーズの2015バラ金金が、全体的に神秘的なビジュアルを伝える。マルチレベルの立体の表板の上で、かごの走る方向盤のスタイルははっきり見えて、方向盤の骨組みの巣のグリッド、また輿を使ってガスのグリルと車内のエアコンの出気口の元素を使います。時計は眩しさを防ぐガラスの下に機心を透かしておくと、いつでも機械の動きを見て、機械的な動きに満ちている。復古のバラの金色の表殻は、エンジンの板に飾られているが、デザインのインスピレーションは、エンジンの伝動歯車に由来する。防水性能が100メートルまでアップし、よりゆったりとした限界の運動感を作る。

また、2015極限シリーズには、ビジネスパーソンに適している新しい腕時計もあり、この腕時計はステンレスの表輪やバンドを使って、シンプルなグレーを主な色合いとしており、おしゃれで気前がいい。内影圏には、不密な数の数字が、はっきり読めたとき、巧みな輿が概念設計の上、腕時計の本質を兼ね備えている。腕時計の底蓋のデザインは、かごから走るホイール。ドアダの限界シリーズで、紳士の「進取」の精神をかぶっています。