« 上一篇下一篇 »

新しいアテネ表鎏金エナメル腕時計「克魯サンズ登号」(Kruzenshtern)が正式に始動

誠意で航海歴史の奇妙な世界を光栄にアテネ表1項出して新しいClassico鎏金シリーズ腕時計――『グラム魯サンズ登号」掐丝エナメル限定腕時計。

「克魯サンズ登号」は1926年ドイツ建造、本名をパドヴァ(Padua)。1946年、この四マストヨットにソビエト連邦戦争賠償として、そしてソビエト連邦バルト航海艦隊の船。記念じゅうく世紀バルト海のドイツ探検家Adam Johann Krusensternロシアのサービスを、そこに改名サンズ登号」「克魯。「克魯サンズ登号」が完成した多くのタスク、旅とサービスを提供し、現在は主に1隻の船として訓練。

正確に描くために船の外観を採用し、アテネ表複雑精細掐丝エナメル技術――門深くする時計メーカーやコレクター重視のプロセス。この制作方法では、エナメルが異なる金属酸化物と対応する量を混合して、不透明な透明性や半透明な色調を抽出する必要がありますが、その混合成分のプログラム対応は一般的に商業機密に属しています。すべての色の塊が一本の細い金糸明らかに離れて、必要以上の500ミリ長のトノサマガエルが作って輪郭の色の塊をスケッチ。それぞれのエナメル文字の文字盤には50時間表師の専門技術と26工程が必要です。

よんじゅうmm径の『克魯サンズ登号」のように捉えたエナメルフェイス臨海のような景色。靑空、靑い海、呑み込んで「克魯サンズ登号」と力強く水中で進む、雪が白い帆掛帆柱にそよ風の中で現れ王者の風格、指先に航行して、抜群の芸術技法。手作りのバラは18金やプラチナ表項、UN-815自動的にムーブメントを搭載。腕時計を提供しスイス公式天文台認証COSC 42時間、パワーリザーブは、深さはごじゅうメートル防水。