« 上一篇下一篇 »

二地時の大秒針(GRANCH DUTITIME)時間の旅

歴史のリズムとピエール・アークドロ(Pierre Japete - Droz)を追って18世紀に踏み出した旅の跡は、新しいメカニズムと優雅な第2時間区に表示され、両地の不思議な魅力をたたえる。

アークドロブランドの創始者ピエール・アークドロ(Pierre Japete - Droz)の特立独行は、風采が抜群である。彼は大望のある企業家と発明家であり、創制した時計は啓蒙時代の芸術と哲学思想の影響であり、同時に彼も特別な旅人である。ヨーロッパ王皇から中国紫禁城、ピエール・アークドロ(Pierre Jaacete - Droz)の足跡が世界中に広がっている。彼にとって、この「トップ時代のグローバル化の歩み」は、進歩や美しさ、とは違う気性を表している。

北京やマドリードにいるときには、故郷のラサミの時間を示す腕時計を必ず持ち歩きます。二つの時間の概念はヤクドロの制表精神に深く刻み込まれている。アークドロ(Jaacet Droz)は、1枚の針だけで12個の都の時間を読み取る12名城(The Twels Cities)、両地時24時間(Grans Heel GMT)と両地の時地(The Time Zones)を読むことができる。