« 上一篇下一篇 »

ロレックスプラチナ藍盤潜航者116619LB

2008年のバーゼル時計展はとてもにぎやかで、特にロレックス、2008年は実はロレックスひゃく週年記念(は認めないというロレックス公式)、しかしこのいち年、ロレックス確かにして多くの変更。まず彼は生産を停止した大衆の好きな16600 sea-dweller、代わりに新しい技術を身につけるのは難しいが、同時にまたのDeep Sea Sea-Dweller。次にDAYデトIIも初登場。この項の表に違いないBASEL展には多くの注目。また、ロレックスは、これまでのように新しいスーパーマーケットを展示しています。

しかし、最も思わないのは、初めて発表されたロレックスさんの全金のsubmariner潜航者(ケルピー)11661Xは、一つにはプラチナ藍盤潜航者116619LB、モデルの中のきゅう、く代表プラチナ材質、ロスはフランス語の「Lunette Bleu」の略。彼らは既存のsubmarinerシリーズではなく、新しいデザインの改良を経てsubmariner潜航者、これらの改良の設計は過去さん年のBASEL展での新型GMT表に表れ項。