« 上一篇下一篇 »

大自然の野性を軸として、アテネの時計を軸にして透かし彫りにして異国の風情を見せる

スイスのアテネ表の透かし彫りの飛び輪のシリーズは一連の透視芸術で、その機軸の構造は芸術の傑作のようです。腕時計の正負空間は互いに交錯して、簡潔でなめらかで、機軸の精緻な工芸をのぞかせます。迷宮のように複雑な機軸、部品、板挟みを再設計化し、巧みに希少な珍品を作り直す。ラバリアの透かし彫り車は、一連の精神を継続し、複雑な美学をより高いレベルにアップする。

透かし彫りの腕時計は、光を腕に自由に着て、まばゆい光を放つ。シリコン技術と自家表工場を搭載した飛行機の飛輪を採用し、シリーズ中の機械部品を特に強調し、シリコン製の遊糸、錨型捕り装置、そして縦輪を捕える。手絵のモットーは、赤い宝石を付けて、製表のマスターの非凡な芸と芸術に対する敏感さを強調して、同時にアテネの時計工芸の美学の奇妙な世界を表現します。ウワバミデザインのバンドは、創作のテーマとして完璧です。

この野性の呼びかけ腕時計は茂った森のように生きていて、オリジナルバージョンのスタイルを残し、18 Kのバラ金の殻を選んで、18枚限定で発売された。