« 上一篇下一篇 »

G - SHOCK用語辞典--初心者から忠実なファンまでの需要を完全に満足している

モデルから、素材や機能の言い方など、インターネットのキーワードについて、G - SHOCKを十分に理解することができます。基礎用語から専門用語まで、それを知っていれば問題ない!

IP加工

イオンメルク加工スーパーコピーの略称。液体を適用しないで、金属を真空状態の中で400 - 400℃まで加熱し、ウェルイオン(気化)を蒸発させ、硬質膜を形成し、コーティングの効果を達成する。真空蒸加工にもなり、表面の耐傷性を高めるために使用されています。この工芸は主に表殻と表裏に使用されます。気体の成分の割合を変えることで、金色、ブルー、グレーなどの色になり、多彩な色が可能になる。

ELバックライト

とは、交流によって発光する冷光源(EL)を冷温したバックライトを指す。1994年6月に発売されたDW - 6600が初めて搭載された。前のマイクロランプに比べて、同じ消費電力の場合、より高い発光量がある。わずかに腕を傾けて点灯できる全自動バックライトが開発された。

ISO標準

工業分野の国際標準規格を制定する民間非営利団体、国際標準化組織(International organsational Sor Sor Sor Sor Sor Sor Sor Sor)を制定し、ISOを略して数字をプラスして標準を示す。潜水表にも標準があり、G - SHOCKのFroGMANシリーズは唯一の基準である。このため、日産時計の防水性能は一般的に気圧単位(BAR)を採用しているが、FroGMANは距離単位(M)を採用している。

イルカ・クジラ

非営利組織IC・Cが主催するイルカ・鯨の生態と地球環境をテーマにした国際会議第4回大会で、1994年に日本で開催された。この会議を記念するために、イルカ・鯨型DW - 6100 DW - 9を発売する。これから、毎回の会議は限定金を発売して、収入の一部を寄付します。現在、IC・クジラの型番の販売を通じて、様々な環境保護組織の支援が行われている。