« 上一篇下一篇 »

1904年に誕生したオリジナルの姿をそのままに大進化

私たちが日常的に使う「腕時計スーパーコピー時計」が誕生したのは、1世紀あまり前のことである。小型の時計を組み込んだ女性用の装身具としてのブレスレットウォッチや、懐中時計に革ベルトを装着して手首に巻けるように工夫したものは19世紀に少数ながら存在していたが、初めから腕に着ける実用的な道具として考案された「腕時計」となると、カルティエが1904年に創作した「サントス」の名で呼ばれるモデルが史上初というのが長らく通説になっている。