« 上一篇下一篇 »

歴史深きロンジンを物語るヴィンテージデザイン

20世紀を目前にしたヨーロッパではあちらこちらで戦争が勃発していた。各国の軍は勝利のために時刻に則った作戦指揮が執られるようになり、時計の重要性が増したのだ。ここで登場したのが、懐から出して時刻を確認するポケットウオッチの煩わしさを解消する腕時計である。古くは1880年頃、軍用の腕時計が存在していたという記録が残っている。

老舗ブランドのロンジンもミリタリーウオッチを手掛けた歴史があり、それが顕著だったのが1930年代~40年代。43mmのラウンドケースに、アラビア数字とスモールセコンドを配した黒文字盤の歴史的なミリタリーウオッチも、この時代に生まれた。傾斜したベゼル、オニオン型リューズ、長めのレザーストラップなど、戦場で機能することを前提にした装備をまとっていた。

 「最高級」ロンジンコピー、ロンジンスーパーコピー時計販売、「業界NO.1」日本人担当 齋藤 進一