« 上一篇下一篇 »

クロノメーター認証ムーブメント搭載の限定モデル

その最初のモデル“インディペンデンス 19 オート”は、細部までこだわった仕上げの端整なデザインのスポーティウォッチ。ステンレススチールモデルは、「オールドサテンフィニッシュ」ダイヤルにブラックのインサイドベゼルを組み合わせ、「過去」「現在」「未来」の3日分を表すデイト窓が特徴的だ。

また、もうひとつのブラックスチールモデルは、ケースにDLC加工を施し、ベゼルには60ptブラックダイヤをセット、ダイヤルには「ダークブラック・マザー・オブ・パール」を採用し、エレガントな大人の華やかさをクールに表現している。

どちらのモデルもCOSC認定のクロノメータームーブメント・キャリバーNN08(SW200-1ベース)を搭載していながらSSモデルで27万8000円~、ブラックスチールモデルで53万円(どちらも税抜き価格)という、抜群のコストパフォーマンスも魅力だ。