« 上一篇下一篇 »

カルティエ「地球と月」ドッダの双時間帯

RoondeのCartier「地球と月」のツンドラ2時間帯の月相の腕時計には、透かし彫りの表盤を搭載し、手持ちの複雑な機能を搭載し、カルティエの自慢の高級製表マークのデザインとプロの製表技を受け継いでいる。

この腕時計は、地球と月を表す表盤にある。表盤は、放光処理された隕石で作られ、巧みに天文のテーマを呼ぶ。カルティエは、最初に、2014年にこの時計を発売したプラチナゴールド・ブルー金石金RoondeのCartier「地球と月」のドッカの双時間帯は、大胆に独特の表示方式を採用しました。一方、「地球」の表盤が地元の時間を示し、24時間の回転盤で第2時間を表示します。一方、「月」ドックとのやりとりは、月相表示機能を提供している。両者は腕時計に搭載されている複雑な機能を独自に示している。

カルティエはこの時計の開発設計に優れた機軸を開発した。2時位置に位置するボタンは、第2時間帯を楽に調整することができます。表殻の側面の4時の位置に触れるボタンに触発して、1枚の月盤を見せて、部分的なツボの枠を隠すことができ、これによって形成された月歯は、月の空を曲げるように、月に表示される。正確な月相は、126年ごとに一度学校を休校しなければならないことを示しています。「地球と月」は、今年は新しいバラの金金を出し、ローマの数字を彫った際に、現像の亜高級製表シリーズの独特なアイデアを掲げている。