« 上一篇下一篇 »

広告にも使われているゼニスのブルーを文字盤にあしらう

―― 選んでいただいた時計からは、いずれも強いこだわりを感じます。本当に時計が好きなのですね?
青木さん:「トミヤ倉敷店が揃えているだけでも、時計ブランドは約20社を数えます。それぞれに歴史や物語があって、時計好きのお客様との会話は尽きることがありません」

―― では、まだ時計に詳しくない人でも興味を抱く時計とは、どんな時計でしょう?
青木さん:「男性には、語れるストーリーのある時計が興味を持っていただきやすい傾向があります。そういった視点ですと、ゼニスのエル・プリメロは外せません。かつてロレックスに供給していたムーブメントの後継機を搭載していますし、そのキャリバーは1970年代に消滅してしまう危機もありました。こういった逸話を説明すると、ゼニス自体にご興味を持っていただくこともあります」

―― エル・プリメロを搭載しているモデルは多いですが、その中でもとびっきりの一本を選ぶなら?
青木さん:「やはり定番のクロノマスター エル・プリメロ オープンでしょうか。ダイアルの小窓から見えるテンプの振動は、ついつい見入ってしまいます。とくにブルーダイアルが好きですね。このブルーはゼニスの広告にも使われている夜空をイメージしたもので、知的な印象を与える美しいカラーです」

―― そこにもこだわりがあるのですね?
青木さん:「クロノマスター エル・プリメロのブルーダイアルで、ブレスレット付きのスポーティなタイプ。とてもレアな一本なので、人と違った時計をお探しの方にぴったりです。またこの時計はシースルーバックなので、ローターにゼニススターをあしらった芸術品のようなムーブメントを鑑賞できるなど、とにかく語りどころが尽きないモデルといえます」

問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店