« 上一篇下一篇 »

時計製造の歴史における新しい時代

一部の人々は、18世紀の時計製造業界はまだ元の段階にあり、次の世紀まで画期的な技術の先駆けになるとは思わないかもしれません。しかし実際には、18世紀の革新をより深く、より複雑な歴史的文脈で理解する必要があります。 18世紀、啓蒙主義はフランス革命とアメリカ独立戦争の間にピークに達しました。哲学と科学の地位はますます顕著になり、航海探査の重要性は増し、時計製造と政治(外交を含む)の関係は近づいています。

多くの魅力的な技術革新が19世紀に生まれ、今日の時計産業の強固な基盤を築いたことは否定できません。しかし、多くの場合、同じ期間に異なる国で同様の実験が行われたことにより、「誰が先駆者であるか」をめぐる激しい論争につながったことは注目に値します。

18世紀には、時計製造がより重要な役割を果たしました。最初に出てくるということは、必ずしも当局の期待に応えて認められるということではありません。先進国の陸と海への大規模な遠征には、より良いナビゲーションツールと、天文学者、数学者、そして最終的には時計職人を含む科学者間の激しい競争が必要です。