« 上一篇下一篇 »

Rolexチュールマンとウィーンフィルコンサート

今回の公演は北京で盛大に行われ、ちなみに、中国中央電視台は初めてウィーンフィル国家大劇場公演全行程の収録は、国にヨーロッパ中継今回音楽イベント。国家大劇院の副院長杨静茂さん、ウィーンフィル団長クレメンス・哈尔斯堡博士(Dr . Clemens Hellsberg)、ロレックス(北京)有限会社の社長高明德さん(Matthias Koeppen)は、何度も監督の春の遅い中央テレビ劇曲音楽部主任郎昆さんは、じゅういち月いち日共同に出席する出演の記者会見を与え、はるばる来たクラシック音楽のトップ演奏家に熱い声援。ロレックスは、国家大劇場で、チュールゴーマンさんが、ウィーンフィルさんによるコンサートの傾を呈上するコンサート。
Rolexチュールマンとウィーンフィルコンサート
ロレックスとウィーンフィルハーモニーの提携は2009年の正月コンサートに始まった。新年コンサートは毎年1日にウィーン金色ホールで盛大に上演され、国際的な規模の古典音楽イベント、80余りの国と地域で生放送する。伝統的な番組がウィーン一番魅力的な音楽文化、全世界に希望、友情と平和の新年挨拶を。
選択のブランドのパートナーにロレックスの趣旨は励まし卓越した成果を堅持して、完璧な怠らなく求める、これもブランド哲学の中の柱の理念に、ウィーンフィルも同様の原則を堅持。そのために、ロレックスは、この国際著名な楽団の独占スポンサーに誇りになっていることを誇りに思う。この家の独立バンド成立は1842年を受け、その芸術の整合性を観客に届け音楽の人文の気持ちで世界的に知ら。