« 上一篇下一篇 »

ショイフレ氏が挑んだ時計版“プロジェクトX”

2015年にファーストウオッチを発表した、新興ブランド「クロノメトリー・フェルディナント・ベルトゥー」。名前の由来は、18世紀に活躍した時計師に由来します。だから手がける製品も、かつての偉人が得意としたマリンクロノメーターがモチーフとなっているのです。

ブランドとして再スタートを切った経緯は、マリンクロノメーターの収集家でもあるショパール共同社長のカール-フリードリッヒ・ショイフレ氏が、ベルトゥーの製作物を見つけたことから始まりました。ショイフレ氏は、その個性的で、素晴らしい出来栄えのマリンクロノメーターに惚れ込み、やがてブランドとしての再興を決めたのです。

製品特徴でもある独自形状の複合ケースや、鎖引き機構、柱で支えるムーブメント設計など、偉大なる遺物を腕時計のサイズで再現するために、クロノメトリー・フェルディナント・ベルトゥーが取得した特許は4つにもなります。そうした過程を経て完璧に再現された“腕時計版マリンクロノメーター”の最新作が、緑青をふいたパティナブロンズケースのモデルです。

2019最高級Nランクのピアジェスーパーコピー通販です。当店のピアジェコピーは、工場直売ですので、御売価格にて高品質な商品を御提供致しております。お問合せは担当 細田。