« 上一篇下一篇 »

と一緒にかNULLNULL京東ロッシーニ:珠海ロッシーニ行記

時計愛好者として、最大の願いは本物の製表工場に入ることで、それによって探究することができる。多くの時計友達があったことだと思いますが、そんな機会はないのです。でも!いつも苦しいBの小編も、ついに恵まれた、ついに京東機会と一緒に到着、ロッシーニは珠海のタブ工場、行われたいろいろの時計の旅。

八月十三日の午後、私たちは京東の案内の下で、北京を出発して、珠海行きの便に乗りました。初めて飛行機に乗った「土まん」として、気持ちはかえって異常に穏やかで、そして、伝説の「中国式」飛行機の遅延に「幸運」があった。夜七時ごろ、私たちはついに今度の活動の目的地である珠珠に到着しました。

珠海の空港では、まず目に映るのは、空港の時報のロッシーニ。珠海本土の製表として「大タッチ」としても、ブランドと品質が一流で、みんなから人気と信頼を受けているようです。

迎えにくるのは1人のとても若いロッシーニの従業員、最初は、個別現象だと思って、しかし模様图森破;ロッシーニ、若さの従業員も多いが、これもロッシーニの発展を推進して若い活力とより活発な思惟の理念、やっぱり、人材は科学的な発展の第一要素。