« 上一篇下一篇 »

20代の頃にスイスメーカーの天価でマリオテーマの時計を作りたいと思います

つまり、20代の子供のころの思い出は、鉄皮蛙、紅白機、ジャンプ糖などの製品を避けられない。その中で、紅白は改革開放後に中国に入ってきた本格的なゲーム機である。私の印象の最初の紅白機はいつも何百合のカセットを遊んでいますが、その中で一番好きなゲームはスーパーマリオです。近日スイス時計ブランドRomain Jerome責める大金で25、000ドル(約17.93万元人民元)製造していたマリオテーマの腕時計。この新表は全世界の発行量は85元で、日本の世界の時計展の旗艦店でしか買えないという。

聞くところによると、Romain Jeromeはスイスの一軒タブのブランド、毎回発売の新品がめぐって「伝説のDNA」という理念をテーマに、今回のマリオ時計は間違いなく気に入りました。マリオのブランド価値も、ゲーム、映画やその他の分野、マリオこのIPが固有の利点は、結局、長年の任天堂はこれを頼りに経典製品。

調査によると、これまでにもあったRomain Jerome制作過他のテーマの腕時計、例えば宇宙侵入者(スペースInvaders)のテーマの腕時計。当時発表された表札は2種類があり、いずれも限定金で78個。Romain Jeromeの様々な表現で見えるゲームIPのは好きですが、私個人は感じて打牌より感情に前の飛石から渡れの導入を何項の「真」もので、結局製品こそより多くの人に購入。