« 上一篇下一篇 »

ティソの機械表を使う時、どのような問題に注意しますか?

ホイールの先端はメインプレートの穴に差し込んだ後、過度に露出してはいけません。センターホイールやホイールなどの部品とこすらないようにしてください。シャフトが針の位置から引っ張られた時、ホイールの一部はまだメインプレートの穴の中に存在していなければならない。そうでないと、シャフトは揺れ動くだけでなく、他の部品とのマッチングも壊れてしまう。摆輪の直径はメインプレートの小さい円輪の直径より小さいべきで、摆輪はその穴の中で回転して柔軟で、揺れを起こさないほうがいいです。

自動機械表修理の場合、離合輪の長さの決定方法。ヤスリで機械表を作る時、円の端に正方形の銅の皮を入れて、銅の皮を垂直に板の上に置いて補助的に位置決めします。熟練した時計修理者は直接に丸い頭の持つ子の頭の4つの爪の隙間を位置合わせの参照物とすることができます。子持ち工具を備えている者は、この段をヤスリで製作する場合に、位置決めが便利となり、図5-16に示す。ヤスリの作り方は図5-17に示すようにしてください。この段をヤスリでつくる時、持ち手を回転させて移動させてはいけません。さらに、四角のいずれかの面にヤスリがないように、前に持ち子を緩めて、重い腕時計が軸を挟む時に位置が変わることを防止します。摆轮を正方形にするために、运用力が均一な场合、ヤスリ制の回数をほぼ同じにすることができます。何度も离合轮の方の穴とセットして试して、机械表离合轮を自然にセットして移动してもいいです。