« 上一篇下一篇 »

腕時計の知識はどうやって正しく防水腕時計を使うべきですか?

腕時計の知識:自動時計はどうやって巻きますか?自動計算機のねじはどうやって巻きますか?機械の腕時計を持っている人はみんなこの問題があると信じています。じゃ、腕時計の弦の知識を教えてください。

「自動」というものは無条件ではありません。機械のものはもちろん原理を守ります。腕時計も同じです。「自動」の前提は自分の腕を先に動かすことです。物理学の原理によって、物体が水平に動くことはできません。

自動腕時計の弦の原理は、ほとんどが偏心の摆陀(自動陀または自動重槌)を使っています。これは建築工事の施工中に地面を打ち付けるのに使う「ガマ打ち」のようなものです。その形は半円の皿のようです。品質の重い金属を使って作られています。縁が厚いので、大部分の品質は陀のへりにあります。地心の引力と重力を利用しています。人の腕の動きは回転し、歯車のセットを動かしてねじを巻いて弦を巻く。

腕時計は腕の動きを利用して、上弦を完成させます。腕時計の置き時間が長すぎたり、毎日腕の運動量が少ないときは、腕時計のぜんまいエネルギーが上弦の不足によって、動いたり止まったりすることがあります。上記のような現象が発生した場合は、腕の活動量を適当に増やしてください。または、夜の休憩前に手で時計を回して上弦を巻きます。そして、毎日8時間以上かけたほうがいいと思います。