« 上一篇下一篇 »

時計の世界最高賞の表彰台に立って、どんな時計を使いますか?

 ジュネーヴ時計大賞(GPHG)の審査員に任命されてから一年余りが経ちました。海外の時計業界の主流の人たちが試合に関心を持っている以外に、国内で気になる人は多くないようです。同じように、あなたが最高表彰台に立っても、この試合が何の意味か分かりません。
昨年11月の「21世紀経済報道」でGPHGの手記を紹介していますが、初めて登場したのも新人です。賞席が重すぎて、本物かもしれないと思っています。冗談ですが、重さを痛感していますが、依然として、壇上に立ってみたら世界的なブランドのマネージャーで、世界時計業界の価値の80%を創造したエリートです。カードも素手で帰るべきです。全部で100以上の参加表の項目は6個しかないです。受賞者は1名だけです。そして審査員は世界各地から来ています。背景、審美はそれぞれ違っています。票の千変万化も避けられません。