« 上一篇下一篇 »

SMOSがZurichワールドを発表した時にブルー金

ナンバーワンはドイツの製表のブランドで、人々の心の中の徳系のものはやはり信頼できるもので、自動車や電子製品のようです。腕時計を作るドイツのブランドも多いですが、知名度はスイス表と比べても違いますが、ナンバーワンのようにドイツ系表では知名度が高いということです。ナンパの前にはZurichワールドの時計が発売されていましたが、当時は白い金で、今回の新金は青いディスクを採用していて、とても綺麗でした。

実はそれがナンバーワンのスタイルに沿っていることが分かるが、小三針の盤面にはビジネス感覚があって、世界中の機能は人々に対する外国への相談も実用的だ。しかしそれは同じものの白のように簡潔ではっきりしているが、かえって深い深い意味がある。その機軸は自産のクレーンのオートコアで、上にはゲーラのソディ紋があり、機軸の紋様も美しい。

この時計は今年10月に正式に発売されるかもしれませんが、白色の同金の価格は2500元で、ただ1色の新しい価格がこの範囲で左右されると予想されるのは合理的です。