« 上一篇下一篇 »

精工の魂の人物の日本の首席の機軸の組み立ての大家の平賀聴

時計の輪、堅持してそれとも革新するかは各時計メーカーがすべて直面する問題で、実は2人は衝突していません。自分のスタイルを基礎にすることを基礎として、新しいことを作ることが大切です。2016年には、高密度チタンを備えた金属と黒酸化ルコニア陶磁器の殻を搭載した限定型スポーツシリーズ、そして、8日に及ぶスピリングDrive 8日の腕時計を動力準備することで、日本の首席機軸による平賀聴さん。

平賀聴は精工首席組立大師で、精工グループで28年になりました。1989年には雫石高級時計工房に所属し、長年の試練を経て1995年の全国技能競技大会で優勝を果たし、1998年にはGranissy機軸を組み立て、2003年に日本国家一級の技師に認められ、昨年は「現代名」に選ばれた日本人職人の最高の殿堂に躍進した。

1960年にGrランドセイコが創立してから、すべてのGrランドのセイコの腕時計は、製表技術の本質的な一貫した約束を表現しています。精確性、易読性、快適性と耐久性は、長続きして以来の定義である。SEIKOは近年人気を集めているHi -ビート36 , 000の高振周波数が腕時計シリーズで、SEIKOは高振周波に優れた等時性に基づいて、方向差や外在的な影響により、より安定的な精度を実現し、1968年に第1頭日本製自動チェーン振動(36000回)を開発した。半世紀の経験の積み重ねと技術突破、創作の傑作。