« 上一篇下一篇 »

【フォルティス】オフィシャル・コスモノートアマディ18

オーストリア宇宙フォーラム(※)が火星模擬実験アマディ18 を実施したオマーンのドファール砂漠地帯は、 国内最大の特別行政地区です。火星の地表によく似た地形で、実験現場は一面が砂と岩でおおわれており、 傾斜が多く起伏に富んだ景観です。模擬実験では、フィールドクルーと実験をコントロールするミッション サポートセンターの両方にとって、時間追跡は重要な仕事です。クルーたちが装備したフォルティスの新作 「オフィシャル・コスモノートアマディ18」は、大規模ミッションのすべての実験をサポートし、火星を 想定したありとあらゆるテストや任務を遂行していく中で、時の流れを刻々と記録しました。

フォルティスが製作した公式ウォッチは、フォルティスのフラッグシップであるオフィシャル・コスモノートをベースとし、強い反射を想定してステンレススチールにブラックPVD を施しています。ダイヤルの9 時 位置には、アマディ18の口ゴマークが印され、針とインデックスにはスーパールミノバが施されているので 暗所での視認性も確保されています。