« 上一篇下一篇 »

同色異調Saxons Automaticは、新しい表盤の色調を発売

朗格は2つの新しいSaxoniaAuamesを捧げて、独特な灰色の褐色の表盤を組み合わせます。このエレガントな色調の第1度はSaxonシアシリーズにあります。ラング東京の専売店を披露するため、特に18 Kのバラ金と白の18 K金でこのような珍品を作って、世界各地のグンガー専門店で発売された。

東京・銀座の高級ショッピングエリアにあるラグ専門店が、新たなデザインを経て2016年6月30日に再開した。この重要な日を記念して、朗格はわざわざ灰色の褐色の実心の銀の表盤のSaxon亜のAutomaticを組み合わせて、大地の色調は引き立てやすくて、味わいは自然です。

2つの上品な作品はすべて自動的なチェーン装置を設けて、表殻の直径は38.5ミリです。赤ブラウンとダークブラウンの手で、ワニの皮のバンドを縫製し、腕時計レプリカ時計の色調と調和し合って優雅に現われます。実心18 Kの金の針と時間の刻刻、完璧に表殻の色調を引き立たせて、全体の設計をより際立たせる。

腕時計に搭載されている朗格L 086.1型の自動ブレスレットはわずか3.7ミリで、動力は72時間にわたって蓄積され、手作業に結びつけられています。表工場の自家製の機軸は中置自動回転盤を備えており、ボール軸受とプラチナ950の離心輪の間に浮遊している。他の朗格作品のように、SaxonニアAutomaticの独立機コアコンポーネントは、精細な修飾と手作業を経て、第2次組立工程を行う。これはすべてのSaxonニアAutomaticにすべて唯一の唯一の芸術の珍品になります。