« 上一篇下一篇 »

ロイヤル オーク・トゥールビヨンエクストラ シン・オープンワーク

オープンワークはスケルトン化とも言われ、素材をそぎ落として内に秘められたメカニズムの持つ芸術的美しさを引き出す手法でもある。素材をそぎ落としすぎると性能や耐衝撃性に影響を与えるため、時計づくりの中でも正確で緻密な技術を必要とし、内部構造の美しさを見せつつ、動作性と精度を確保するというバランスをとるという事は、非常に難易度の高い技巧が必要とされる。オーデマ ピゲではこの非常に高度な工程を1930年代から継続して行っており、現在でもこの工程は当時と同じように行われている。ファイリング、装飾と仕上げは全て手作業。これは審美的、技術的理由によるもので、例えば切削機械は角を美しく丸みを帯びた仕上げにすることができるが、入り角やV字形の角が光を反射する、オート・オルロジュリの芸術的側面を伝える完璧な仕上げにすることはできない。2012年にロイヤル オークの40周年を記念してつくられた初代ロイヤル オーク・トゥールビヨン・エクストラ シンは、当初プラチナモデルのみであったが、2016年にイエローゴールドモデルが発表された。2017年には新たにブレスレットとマッチしたヘアライン仕上げの18Kピンクゴールドと、ステンレススティールの2つの限定モデルがつくられた。先行のプラチナとイエローゴールドモデル同様、魅惑的なオーデマ ピゲの自社製キャリバー2924を搭載した手巻きスケルトンムーブメントを含む216の部品で構成されていて、それぞれのモデルに全く異なる仕上げが施されている。

スーパーコピー時計通販老舗/10%OFF夏セール。ブランド時計コピー直営店。品質も2年間保証しています!納期確認 050-4560-1300.唯一の正しいURL:JpSuperGreat7.CoM