« 上一篇下一篇 »

船平のカジュアル時計レビュー/ラプスのアートな腕時計

スイス、ドイツ、イタリア、そして我らが日本など、時計産業が盛んな国は様々あるが、ここ最近になって、じんわりと勢力を拡大している国がある。それが、フランスだ。定番のリップに加え、休眠から復活したウルトラ、オキシゲン、ジャズ、さらに新たに誕生したブリストン、マーチなど、様々なブランドが日本市場に上陸しており、にわかにファッションウオッチ界で注目のジャンルとなっているのだ。

ミニマルなデザインを好む北欧、インダストリアルで重厚なデザインを好むドイツなど、時計のデザインにはそれぞれ、国によって傾向が見られるのだが、フランス時計に関しては、ファッションと芸術を愛するお国柄を反映し、装飾的でアーティスティックなデザインを好む傾向が強いことがおおまかな特徴。

今回は、そんなフランス時計ブライトリングコピーのアーティスティックな側面を象徴する、個性派のファッションウオッチ “LAPS(ラプス)”の新作モデルをレビューしていこうと思う。