« 上一篇下一篇 »

イタリアらしいデザインと機能性の高さが魅力

時計のベルトといえばレザーが定番だが、どれだけ耐水加工をしてもやはり、レザーは湿気や水の影響を受けてしまうもの。

湿気が少ない欧米の気候ならば通年でレザーベルトを使うのもありだが、湿気が多いのに加えて、ゲリラ豪雨など気候の変化が激しい日本の夏は、レザースベルトには少々厳しい環境と言えるだろう。耐久性や実用性を考えるならば、やはりラバーベルトを選びたい。

そして、機能と合わせて気になるのがデザイン性だ。ラインナップが豊富なレザーベルトに比べ、一般的にラバーは選択の幅が狭くなりがちなのだ。

そこでオススメしたいのが名門ベルトメーカー、“MORELLATO(モレラート)”の2019年夏の新作ラバーベルト。モレラートはヨーロッパでトップシェアを誇り、その品質に加え、デザイン性でも時計好きから支持を集めるベルトメーカー。ラバーに関しても、多彩なラインナップを展開している。