« 上一篇下一篇 »

カシオ時計のバッテリー交換には、保管期限もあります

高校時代、カシオの時計を購入しました。主に試験のために時計を見ていました。 現在、時計は携帯電話よりも一般的であるため、ほとんど使用されていません。 そして、時計を着ることに慣れていない、それは奇妙に感じます。 そのため、時計はアイドル状態でした。最近荷物を梱包したところ、時計が停止したことがわかりました。交換のために修理業者に送る必要はありませんでした。結局使用しなかったので、自分でバッテリーを交換しました。

この時計は元々オンラインで購入されましたが、購入時にソニー製のバッテリーも提示されているため、バッテリーを購入する必要はなく、このバッテリーと直接交換できます。 時計の裏蓋はローリングタイプで、鎌がない場合はフルーツナイフに交換されますが、あまり有用ではありませんが、ほとんど開いていないため、電池を交換すると正常に動作します。 防水ペーストはありませんので、背面カバーを直接交換してください。