« 上一篇下一篇 »

双面ジャズ——漢ミルトン経典ジャズシリーズFace 2 Face II限定版腕時計

この新しい漢ミルトン経典ジャズシリーズFace 2 Face II限定版腕時計は、2013年にリリースされたFace 2 Faceのオリジナル時計金に基づいて製造されたバージョンで、表盤の配置は再設計を経て、「貫通式」のカウントダウン針を加え、新たな機軸を搭載した。これまでと同じように、この時計は依然として非常に面白い回転式の表殻設計を採用しており、楕円型精鋼の表殻の水平軸を中心として、双面の表盤の回転操作を実現することで、着用者が同一の表体で2種類の表を持っている感覚を経験している。いくつかの面白い機能。

回転可能な表盤部分は、1階の外部フレームに包まれており、右側の表冠部と別側の1枚に見えるネジとケースに接続されている。表冠の大きさの大きさ、溝のエッジの設計は非常に人間的で、側面にはハンミルトンを代表する「H」型のマークがあり、表冠の両側は細長いカウントダウンボタンである。この表の表殻の幅は535 mmで、高さは44 mmで、全体的に見ると、腕につけているのは、小編が想像していたような重厚なものではないということで、主には耳に合った曲がりの弧や、どちらにも似合いそうな水色二重縫合線の黒い革の表帯です。どうですか、今すぐにハルトンの専門店を飛び出して行って解毒してみたいですか?

時間のある表示機能の表盤から言えば、色が柔らかくて、仕事の繊細なラストラ盤と中央の時の針の組み合わせが十分である。2つの表盤に含まれる機能が複雑なため、小編は「パーティション」方式で説明する。三点位に位置するカレンダー窓、板岩グレーの背景、白のフォント、非常にはっきりしています。9時位に位置しているのは、表盤の半壁江山を占拠した秒針盤で、その上独特なのは背景が半透明で、後のカレンダー盤の一部が現れている。6時位と12時に位置しているのは12時間と30分のカウントダウンです。12時位のカウントダウンは、大秒盤と重なる部分があるため、大秒盤自体が下の12時間のカウントダウンに覆われている部分が、特別な立体感を醸し出している。