« 上一篇下一篇 »

【2016バーゼル国際時計展】公式宝石ブレスレット腕時計革工芸とジュエリー

2014年、エルメスは新しい作品をはおる上華衣時間抱きしめて女性気質のように、第二層肌。細身のラインが小さくて精巧にできている、優雅でシックなFaubourg腕時計、エルメス工房は初登場、ブランドは違う材質に演繹。2015年、腕時計は全革バッグを覆われたブレスレットキャラ誕生に鞍をつくりあげると馬具制作のエルメスの本源に敬意を表する。今腕時計結合宝石を象眼して、革を超えて造詣の芸術成就Faubourg Manchette Joaillerieブレスレット時計。

革職人採用の有名な鞍動きの有る縫い方はブレスレット皮バンド縫合してはすべての継ぎ目の末端返し縫い三回、保証手作り堅固。継ぎ目や皮でながら押し出し线痕前、職人が拭いながら尖削皮磨。その後は縫合のベルト端染色、焼絵加熱、令皮料と称して適切な、このステップ研磨。最後にベルト刷みつろう、撥水処理。

二つ目の肌になった革は腕の上で婉曲にスライドして、ケースのように伸びています。エルメス精製の黄金ケースが全手作業によって36粒象眼長方形型カットの宝石-ダイヤモンド、エメラルド、サファイアや褐色サファイア:宝石カット師がごと宝石を独立の正確なカット。モザイク師は宝石を一つ一つ組み込み表圏の溝の中で、彫刻刀宝石を週囲を軽く力捶打材料を押してまで、一粒ごとに宝石をしっかりはめ込まれても、正しい位置。最後に手によって宝石が輝いて、腕時計が輝いています。