« 上一篇下一篇 »

「2016バーゼル国際時計展」エルメス集マイクロ絵、彫りやエナメル彩色上絵の技術を身につけた懐中時計セット

三枚懐中時計の表を図案、呼応エルメスは2016年年度テーマ「自然万物を間」を取材は芸術家Annie Faivre筆下の「ラPromenade de Platon」スカーフ柄。卓尔非凡な懐中時計グループは、エナメル彩色上絵微雕と刻まれ技術を組み合わせ、シャトルの哲学者の最愛のAcademus花園、通して3つの生き生きとした場面に在る。

第一幕は異なるレベルの褐色を用いている。構図の中の馬が地面をつかんで、茂った木の葉に囲まれている。背景の背景には、大きな大きな色の音が聞こえてくる。マイクロ絵のエナメル像は一連の工程を経なければならない。違う色のレベルを濃淡微妙な色合い、ストロークに色を塗り、匠心独运。エナメル絵の絵師は繊細な筆を手にして、油や水で薄めた色のエナメルを塗ります。一度毎に色を超え、摂氏800℃の高温プログラムを燃やし、エナメル彩溶融して付着プラチナ台座。この焼きプログラムは前後20回で最終的なパターンが表示されます。