« 上一篇下一篇 »

315の権利は、維持するのは消費者の権益だけですか?

さん月じゅうご日が来ると言い、偽物・劣悪商品の取り締り、何が必要な打撃は何ですか?偽物?偽物?劣質サービス?それとも一つの責任が欠けているのか。私達もよくウィルを言って、権の主体は個人の消費者ですか?経営者?企業?またはブランド?

昨年315期間中、上海市静安区市場監督局の処罰を取り締まり、南京路を梅陇町の広場じゅうに階の上海時計修理センター、当該修理センター存在に時計「軽症のオーバーホール」、業界内で不当競争、虚偽宣伝などの違法行為の疑いで、昨年末、黄浦区市場監督局はまたは南京東路置地広場や淮海中路香港広場の二つの偽物の時計修理サービスを行政処罰の停止を命じ、虚偽宣伝、影響解消。これらの修理を開設時はにぎやかな商業センター、そして一見専門の機関はその裏書――だけでなく、壁面に貼って時計の商標、名刺印刷「スイス時計連合会会員、スイスSMH時計のトレーニング機関の専門認証」などの言葉。しかし、実際には、これらの機構が公式のアフターサービスとして許可されていないことが事実。ほとんどのブランド、例えばリシュモン傘下の腕時計ブランドは、その時計修理の公式の専売店を問い合わせるとアフターサービス、承認したことはないこの時計修理サービスポイント。しかし消費者のインターネット検索公式アフター情報時、最も常用の検索エンジンを提供するのが一番で前の検索結果はこれらの偽物のメンテナンス時の虚偽広告、本当にうっかり罠に落ちる。さらに、消費者と偽善的なコミュニケーションの際には、堂々として公式に人を示している。これらの名を騙るサービス拠点の出現は、消費者の権益に損害を与え、ブランドにも迷惑をかけている。