« 上一篇下一篇 »

精工――味わいのある味わいを再現する:SEIKO SP IT X GIUGIARO復刻騎士リスト

日本のプロ時計ブランドの秀才SEIKOは、イタリアの有名な自動車設計スタジオ、Giugiaro Designと、1980年代に手を携えて、自動車やオートバイの運転に最適な腕時計を開発した。昨年2月にはSF映画『異形II』の復刻表を発売し、表迷たちの高度な議論と興味を呼び、ファンの期待を満足させるため、2017年の初めに、3月9日には再びGiugiaro Designと手を携えて、オリジナルの時計金に備えた多功を続けている。能性と騎士風の外観設計の外に、さらには素材の表面処理を強化し、全体の表の質感を高めて、価格はすべてNT $の12 , 500元で、全台限定の各100匹。

Porsche、PorscheやBMWなどの国際的な自動車メーカーを設計した自動車エンジニアであるジョーノアロ(Giorgett Giugiaro)は、複数の造形の独特の洗錬ラインを設計していたが、スポーツカーファンにとってはその名に詳しい。今回は、ジョーアロ(Giorgett Giugiaro)が自ら操作し、1980年代の原始表金をモデルにした、特に右側の傾斜設計を続け、騎士たちが走る時にバイクのハンドルを握った判断時間を細心に考え、わざわざ時計の順時時計を右に15°傾斜させることを設計した。表殻間にも5°の傾斜度合いがあり、騎士の視線に最適な傾斜角度を提供し、時間の易読性を高め、右側の右側に大きなボタンを採用し、騎士たちが手袋を着用することを強化することができる。

今回のSEIKO SP IT X GIUGIAROは、ライダーカウントダウンリストとして、7 T 12石英のコア、ディスク上で実用的なタイムスリップ表、24時間表示、そして3時方向の日付表示機能を搭載しており、ジョーアロ(Giorgett Giugiaro)は、オリジナルのモデルを破壊しないデザインベースで、色を使って乗ります士達の極速の競争の雰囲気、経典の黒色の面の上で、原型の表金の古い鮮やかな紅外を除いて、繰り返し時計の金が彩り豊かに輝いている蛍光緑、活力青の2種類の色を更新して、1980年代の経典の潮流の設計を再現して、また表迷たちのより多くの色彩選択選択を提供します。このほかにも、複数表には強化素材を用いて表金構造を増やし、ステンレスの表面処理を強化し、表の裏面に「GIUGIARO DNGN」の定番マークと、腕時計の限定メニューとして、さらに今回の復刻表の全体質感を高める。