« 上一篇下一篇 »

技術の進歩がもたらしたリバイバル

もっとも、革新的なケースをもつオリジナル・モナコは、商業的な成功を収めなかった。ユニークな防水ケースはパッキンが痛むとたちまち防水性を失い、世界ではじめて発表された自動巻きクロノグラフムーブメントの製造コストも安くなかったのである。そんなモナコに再び日の目が当たったのは、1997年のことである。ケース構造を一新した“新しい”モナコは、オリジナルの造形を保ちつつも、使えるクロノグラフとして大ヒットを遂げた。その防水性能はなんと100m。ケース製法の進化は、かつてのアイコンモデルを、今にリバイバルさせたのである。