« 上一篇下一篇 »

1913年製のキャリバーを搭載する革新的な1本

本モデルは、1913年製の「18ライン クロノグラフキャリバー」を搭載した新しいタイムピースです。1913年と言えば、オメガが世界で最も早くクロノグラフ時計を製造したブランドになった年でもありますが、そうした100年以上前に使用されていた貴重なキャリバーをオメガの職人たちが丁寧に修復。世界限定で18 本を現代に蘇らせることに成功したのです。

100年以上前のオメガの時計は、第一次世界大戦中ということもあってパイロットなどの軍関係者たちにも愛用されていました。そうした時計のうち、オメガミュージアムに所蔵されていた時計が搭載していたキャリバーを、今回の新作プロジェクトに採用したそうです。
47.5mmのタイムピースは、24表記の通称「ミリタリータイム」を備えたオリジナルデザインを踏襲。レザーストラップやブルーのエンパイヤ針、アラビア数字の白抜き装飾など、まさに当時人気を博していた時計そのものの雰囲気が味わえます。