« 上一篇下一篇 »

フィリップ・杜ポジュカイに敬意を表する---セイコークレドールスプリングDrive Eichi叡智腕時計

セイコークレドールスプリングDrive叡智腕時計まずデビューは2008年バーゼル時計展、Eichi -意為“叡智」、これはセイコーにフィリップ・杜ポジュカイのSimplicity脱帽作、時計機能を簡単だけ時間表示が、ムーブメント装飾磨き比類がない。

セイコーSeikoと呼ばれるセイコー舎---文字通りには精密な工芸の家は、服部金太郎は1892年に創立された日本のカウントダウンのブランドで、今では発展して、多元化の大企業グループ。その陣容強大タブ部門から、おなじみのローエンドクォーツまで延びて高級タブ領域は、前世纪の60、70年代、セイコーを代表する日本クォーツなぎ倒す全体のスイスタブ業、伝統的な機械タブ復興以来、セイコーがリリースされたCredorクレドールこの頂级タブ製品ライン、代表しているセイコー代価をいとわない所が届く最高品質の製品、自然はすべて非凡な高級時計。

セイコークレドールスプリングDrive叡智腕時計(Seiko CredorスプリングDrive Eichi)は、セイコーエプソン塩尻工場のミニスタジオ出品、これはスタジオタブ職人へのフィリップ・杜ポジュカイスタジオ研修後のオマージュ作も第1枚の応用技術のスプリングDriveクレドール腕時計。

正面から見るクレドールスプリングDrive叡智腕時計、非常に簡単な白文字盤のみを表示するには、時間、そして簡単なパワーリザーブ機能。少し傾斜を見ると、文字盤に淡いに、よんしよとななしち数字に標、これはCREDORのシンボル的な設計、代表毎日24時間、週七日間。