« 上一篇下一篇 »

バーゼル展でマルチブランドのクラシックウォッチレプリカがデビュー

最近では、情報、レプリカ時計、正直なところ新しいものではありません、Heritageという一連の時計が絶え間なく発売されている時計ブランドがたくさんありますが、過去の時計は通常の状態であることが知られています。しかし、今年のバーゼル展の100周年を記念して、1917年に開始されたテーマに対応したブランドがいくつかありました。他のブランドも、半世紀以上前の多くの古典的な再発行を発表しています。完全な販売のパターンでさえ、レトロは今年のバーゼル展の共通のテーマになりました。

  1917年にブランドの最初のフライングウォッチが再制定されたことに加えて、1970年にそのブランドの最初のクロノグラフから設計されたオリスのChronorisウォッチもまた古くからあります。 Chronorisという言葉は、ChronographとOrisの複合語で、古典的なアワビのケースデザインに、鮮やかなオレンジ色と白黒の色を組み合わせたもので、年間のコンセプトから生まれたもので、15種類もあります。ムーブメントにはクロノグラフ機能はありませんが、文字盤の外側の目盛は4時位置でりゅうずを回転させることによって調整します。時間の機能は現代のクロノグラフのそれとは異なるきちんとしたスタイルを持っています。

ロレックススーパーコピー時計のブランド時計コピー通販です。弊店のロレックスコピー時計等のブランドコピー時計は送料手数料無料で、品質2年無料保証です。全サイト15%OFFキャンペーン実施中です。お問い合わせ:050-4560-1435 斉藤 幸宏