« 上一篇下一篇 »

値札はヒスイアクセサリー、デビューパリ

 第26回パリ骨董ビエンナーレ(Biennale des Antiquaires)パリ大御所(2Palais)で開幕し、国際的なトップジュエリーブランドや骨董商を呈じゅうご違う臻品類。として、アジア市場の骨董品が高まり続けて、フランス国立骨董商組合招待香港からの有名なジュエリーアーティストとしてWallace Chanビエンナーレ史上初のアジアや中国の出展者。


骨董双年展はこれまでも25回行われ、今回は開放の閉鎖ななじゅう年近くの栄誉庁(Salon d」Honneur)、今回の展示会の出展者の数も2010年の86は150。フランス国立骨董商組合は特に「老仏様」カール-ラグジェフリーズ(カールLagerfeld)を今回の展示会のアートディレクター、今回ビエンナーレデザイン競技場。


パリ大御所
おそらくはパリ骨董ビエンナーレこそ、一度に世界で最もトップクラスのジュエリー作品、カルティエ、梵グラム雅宝、シャネル、伯爵などのトップクラスのブランドの今回展示会をもたらしたが、それぞれの高級カスタムジュエリー。シャネル今年記念ブランドの創始者嘉柏丽爾-シャネル1932年に作った「Bijoux de Diamants」ダイヤモンドジュエリーシリーズ登場はちじゅう週年、導入特別一連の様々な高級宝石;伯爵パビリオン採用紅白黒の3色、白色代表女内が着く外からの内面の美しさ、黒い代表女性神秘、赤色の代表の女情熱完備され、女性の宝石を。