世古将司のブログ

大阪小売業者

ヴァシュロン・コンスタンタンオーヴァーシーズ・クロノグラフ

スーパーコピー時計N級ヴァシュロン・コンスタンタンを代表するスポーツ・コレクション「オーヴァーシーズ」。42mmケースにコラムホイールと垂直クラッチを備えた自社Cal.5200を搭載するクロノグラフ。世界最高峰の栄誉として名高いジュネーブ・シールを取得しています。
15気圧防水や耐磁機能、ブレスを簡単に交換できるアタッチメントなど実用的な機能が満載。
裏蓋には「アメリゴ・ヴェスプッチ帆船」のエングレービングが施されています。 

1913年製のキャリバーを搭載する革新的な1本

本モデルは、1913年製の「18ライン クロノグラフキャリバー」を搭載した新しいタイムピースです。1913年と言えば、オメガが世界で最も早くクロノグラフ時計を製造したブランドになった年でもありますが、そうした100年以上前に使用されていた貴重なキャリバーをオメガの職人たちが丁寧に修復。世界限定で18 本を現代に蘇らせることに成功したのです。

100年以上前のオメガの時計は、第一次世界大戦中ということもあってパイロットなどの軍関係者たちにも愛用されていました。そうした時計のうち、オメガミュージアムに所蔵されていた時計が搭載していたキャリバーを、今回の新作プロジェクトに採用したそうです。
47.5mmのタイムピースは、24表記の通称「ミリタリータイム」を備えたオリジナルデザインを踏襲。レザーストラップやブルーのエンパイヤ針、アラビア数字の白抜き装飾など、まさに当時人気を博していた時計そのものの雰囲気が味わえます。

エナメル文字盤の中で躍動する革新のトゥールビヨン

この赤色を映えさせる艶やかなホワイトダイアルは、エナメルでできています。ここが本機の最大の特徴。古くから時計の文字盤に使われていた手法をクラシックな「1815」の文字盤に使うことで、非常に味わい深いフェイスに仕上がっています。ちなみに、エナメルの上に赤色を乗せるには、ただでさえ手間のかかるエナメル文字盤にさらなる工程が加わることになります。しかも品質にこだわるA.ランゲ&ゾーネなので、その時間のかけ方は相当なものと推測されます。 

グランドセイコー「キャリバー9S 20周年記念限定モデル

自動巻(Cal.9S85)
毎時3万6000振動
約55時間パワーリザーブ 
プラチナケース/18KYGケース/SSケース
直径39.5m
10気圧防水
国産最高峰の機械式ムーブメント「Cal.9S」誕生20周年を記念して発表された3部作。
ウオッチデザイナーとして初めて「卓越した技能者(現代の名工)」に選定された小杉修弘氏が考案した新デザインのケースを採用。ザラツ研磨技術を駆使し、美しい立体構造に仕上がっています。 

絶え間ない進化で、審美性の高い新たな価値を創造

スマホ経由でタイムサーバ ーに接続し、世界中の正確な 時刻を表示する「Connectedエ ンジン」を昨年のバーゼルで発表したカシオ。今年はそんな最先端の機能に加え、時計そのものの美しさの表現に注目が集まった。なかでもMR- Gやオシアナスの新作は、高い技術を誇る日本の職人が一つずつ手作業で仕上げたもので、日本のクラフトマンシッ プにあふれた作品。伝統技能の美しさや機能美など、感性的な価値が感じられるはず。 

現代的なアプローチでアップデートした新生”サントス”誕生

1904年にカルティエが完成した世界初の紳士用腕時計「サントス」が今年の目玉。ポリッシュ仕上げのケースにセットされたビス付きベゼルの形状をアップデートし、ブレスレットやストラップとの一体感を強調した。そのストラップやブレスを簡単に着け替えられる独自の新機構「クィックスイッチ」を初採用した他、工具なしでブレスのコマ調整を自分で行える「スマートリンク」機構も開発。複雑系ではミステリアス機構の新展開、パンテールの顔が文字盤上に現れては消えるアートウオッチも話題を集めた。 

KEYWORD:航空用回転計算尺

ユイット・アビエーションの功績によって、ブライトリングは航空界との関係を深めていき、パイロットウオッチに関する技術やノウハウを積み重ねました。その成果が、対数目盛り付きの回転計算尺を備えた1942年発表のクロノマットや、1952年に完成した不朽の名作ナビタイマー。1932年に3代目に就任したウィリー・ブライトリングは、こうして20年かけて航空時計を飛躍的に進化させました。 

アラーム付スポーツ時計の名作が過去と現代の両軸で甦る

生誕50周年を迎えた名機「ポラリス」がレギュラーで復刻。潜水中のダイバーにアラームで浮上時間を伝えるべく開発され、10年前に復刻された際には即完売となった。同社では久々のスポーツモデルでもあり、注目度は高い。興味深いのが、メモボックスとデイトのクラシック版と、その他のモダン版で夜光カラーをはじめデザインテイストを使い分けていること。ストラップのセルフ交換システムを搭載しているのも特徴だ。

ナビタイマー 8 クロノグラフ43(左)、ナビタイマー 1 クロノグラフ 41

ナビタイマー 8 クロノグラフ43(左)は、ベゼル全面のサテン仕上げが特徴。文字盤の種類はブラックとブルーがありますが、両色ともインダイアルまで1トーンのスタイリッシュな仕上げです。
一方、ナビタイマー 1  クロノグラフ 41(右)はシルバーの縦3つ目ダイアルにブラウンカーフのストラップを組み合わせ、落ち着いた雰囲気に。やや小ぶりな41mmケースが細めの腕にもフィットします。 

ヴァシュロン・コンスタンタンの持つ高度な技術、創作への挑戦を感じられるタイムピース

新作モデルの名称は、「レ・キャビノティエ・グランド・コンプリケーショ ン“フェニックス”」。

「キャビノティエ」とは、ジュネーブの建物の最上階に設けられた光あふれる工房で時計づくりに励む、名声と教養を誇る時計職人を指す言葉。彼らの器用な手が、天文学や科学、芸術から着想した技術的にもまたとない「特別な時計」を作り上げました。


「レ・キャビノティエ・グランド・コンプリケーション “フェニックス”」時価/Ref.9700C/003R-B187
手巻き(Cal.2755)。毎時1万8000振動。約58時間パワーリザーブ。18Kピンクゴールドケース。直径47mm/厚さ19.10mm。ジュネーブシール取得
ヴァシュロン・コンスタンタンは、その高度な技術や創作への挑戦を「レ・キャビノティエ部門」に引き継ぎ、顧客やコレクター向けに 1 点もののモデルを製作したり、特注による時計の製作依頼に応じています。その成果が生み出したのがユニークピース「レ・キャビノティエ・グランド・コンプリケーショ ン“フェニックス”」なのです。

«10111213141516171819»

Copyright by 大阪小売業者-世古将司のブログ HP: http://www.osakaretailers.top/