世古将司のブログ

大阪小売業者

スイス機械式時計の最高峰を楽しむ

 

1735年に創業され、世界最古の時計メゾンとして名をはせるブランパン。そんなメゾンが誇るスイス高級機械式時計の最高峰を体感できるイベントが日本橋三越本店で開催される。

期間中は、世界で99本のみしかないという「セント バレンタイン2013」をはじめ、新作をふくめた貴重なレディスモデル約10本を展示。なかでも、純白のダイヤルに真っ赤なハートをあしらったバレンタインモデルは、ダイヤルとベゼルにダイヤモンドが輝き、真っ白なベルトとともに、純粋な恋心がタイムピースのなかで表現された。

日本でのみ入手可能な世界初のコラボレーション

 

創業以来、職人によるこだわりのモノづくりを継承してきたショパールとグローブ・トロッター。クラフツマンシップ溢れるふたつのブランドのタッグにより、そのこだわりを細部にまで感じられる究極の限定モデルが日本でのみ誕生する。

素材はエレガントなアイボリーカラーのナッパレザー。ケースを開くと、内布には1860年のショパールの誕生時に製作され、創業者のルイ-ユリス・ショパールのイニシャルをもつ初代「L.U.C」モデルのポケットウォッチと、メゾンの歴史を語るうえで欠かせない「パルム・ドール」、「ミッレ ミリア」というアイコニックなモチーフのイラストがちりばめられた。

4年間のブランクを経て、ついに待望の新作が登場

 

「アルフレッド ダンヒル」はイギリス紳士のダンディズムと洒落心、そしてユーモアを体現する男性のためのラグジュアリー・ブランドだ。創業者のアルフレッド・ダンヒルは1893年、弱冠21歳のときに父がロンドン市内で営んでいた馬具専門店を引き継いでビジネスの世界に入る。そして20世紀を迎えると、彼は父の領域を超えて、あらたなジャンルに挑戦をはじめる。時はモータリゼーションの創生期。もちろん当時はまだ一部の裕福な階級に限られたことではあったが、人びとは自動車というあたらしい乗り物に熱狂していた。そして自身もその熱狂の当事者だったダンヒルは、このあたらしい風を捉えて、時代の最先端を走る当時のドライバーのためのアクセサリーライン、愛車に装着するヘッドライトやクラクションからドライビングコート、ゴーグル、ダッシュボードクロックやピクニックセットなど、一連の“モートリティーズ”コレクションを発売したのである。その後、商品ジャンルは飛躍的に拡大し、今日の世界を代表するラグジュアリーグッズメーカーへと発展した。

洗練された“レトロなディテール”に思わず魅了される!

 1948年、ボーム&メルシエがクロノグラフで名声を博していた時代に製造されたモノプッシャー・クロノグラフのスタイルを継承。フライバック(クロノグラフの作動中でもリセット&リスタートが可能)機能付きクロノグラフだ。クラシックなタキメーター、テレメーター目盛り、ブレゲ針、優雅にカーブした風防とケース裏のシースルーバック風防、懐かしい形状のリュウズやプッシュボタンなど、レトロだが洗練されたディテールに、時計好きは思わず魅了されることだろう。ムーブメントはクロノグラフ機構で定評のあるラ・ジュウ・ペレ製で、仕上げの美しさも特筆に値する。

数かずの栄光を引き継ぐ、リスタートの第1弾!

 

老舗はその歴史のなかで、大きく変身するときが必ずある。そして自ら変化する力があるから、老舗として生き残り、さらに歴史を重ねることができるのだという。1830年創業と200年近い歴史をもつ「ボーム&メルシエ」は、まさに今そんな、大きく変化するときを迎えている時計ブランドだ。つまり、これまでのプロダクトをすべて見直し、ブランドコンセプトの根本的なリニューアルに踏み出したのである。そして、リニューアルの方向は、ひとことで言えば「栄光の時代への回帰」といっていいだろう。

アテネはまたホーローが「綺蝶」の腕時計が登場する

 アテネ表(Ulysses Nardin)で踊るの艶やかに限って蝶のインスピレーションを新たに“綺蝶を出したい」と腕時計、巧みで完璧なエナメル技術、現れた蝶の精緻で美しい態。
規格を採用する新しい時計を34ミリ×35 . 4 mm 18プラチナ四角いケース、取り組み镶钻ベゼル、防眩耐摩耗サファイアクリスタルガラス表鏡や、装飾は陶磁器や真珠母貝防水時計冠。
アテネ「綺蝶」腕時計
文字盤は色鮮やかなブルーを基調に飾る1匹の舞う蝶のパターンを採用し、蝶のパターンで埋めエナメル芸術で作られ、翼の上で1粒の莓の実を彩る。

ティソ大使は黄暁明は、彼の時には、その時点で

 ティソ盛大に発表表のグローバルブランド「新しい主張は君だけの時(THIS IS YOUR TIME)」を信じて、この感動の主張はきっと一人ひとりと共感できる。人生の中で重要な時、特にあれらの激励して私達は勇敢に新しい章を開いて、勇敢に前進する決定の時、ティソは終始精密な時間の専門の品質記録と記録してすべて1寸の時。新しいブランドのスローガン、驚艷のビジュアルデザインや全面的なイメージの普及活動もティソ表のリーダーの地位と市場に加え、その悠久のブランドの歴史と優れたタブ工芸、全部をティソ表平凡な大衆の中では衆人より一段優れている、華やかハツラツ。

値札はヒスイアクセサリー、デビューパリ

 第26回パリ骨董ビエンナーレ(Biennale des Antiquaires)パリ大御所(2Palais)で開幕し、国際的なトップジュエリーブランドや骨董商を呈じゅうご違う臻品類。として、アジア市場の骨董品が高まり続けて、フランス国立骨董商組合招待香港からの有名なジュエリーアーティストとしてWallace Chanビエンナーレ史上初のアジアや中国の出展者。


骨董双年展はこれまでも25回行われ、今回は開放の閉鎖ななじゅう年近くの栄誉庁(Salon d」Honneur)、今回の展示会の出展者の数も2010年の86は150。フランス国立骨董商組合は特に「老仏様」カール-ラグジェフリーズ(カールLagerfeld)を今回の展示会のアートディレクター、今回ビエンナーレデザイン競技場。

このロンジン懐中時計、アインシュタインに寄り添って歩いた偉大な人生

 1921年のアインシュタイン
このロンジン懐中時計出産は1943年にきゅう、く月ろく日、アインシュタインは遺言でを遺贈長男のハンス・アインシュタイン。この科学の巨擘人生として最も大切なものの一つとして、それは依然として精密なもので、世人はアィンシュタィンの歩いた偉大な人生を訴えている。


アインシュタインの持つロンジンの懐中時計
アインシュタインは一枚の優雅なゴールドロンジンの腕時計。2008年じゅう月じゅうろく日、ニューヨーク安帝古倫オークションにこの枚はアインシュタインの金表をオークションして、この枚アインシュタインの持っている金の時計は、ロンジン1929年産の製品で、可能性は1931年ロサンゼルスこの物理界の偉人に買った。

ロマンチックなストーリー、梵グラム雅宝Poetic Wish腕時計

 ヴァングラム雅宝Poetic Wish腕時計
この2種類の腕時計を採用した金属彫刻、マイクロ絵エナメル、バイモ雕刻やダイヤモンド技術を象眼など複雑な文字盤。ときに回す時位置の表の冠、2問機能上絃の後、Arpels Poetic Wish腕時計でエッフェル塔の下の少女はゆっくりと文字盤中央、バイモ雲も次第に彼女に漂う近。両者が出会った時、腕時計が時計の鐘になる。

«117118119120121122123124125126»

Copyright by 大阪小売業者-世古将司のブログ HP: http://www.osakaretailers.top/