世古将司のブログ

大阪小売業者

タグHeuerF1グランプリの始まりとモナコ

 タグHeuer血液中の止于至善と一直線の精神とモナコグランプリ一脈相通じる。モナコグランプリは方程式と最も美しい風景と最も刺激的なコースを持って、「一次方程式の王冠にある真珠と称されていた」と言われている」。設立の、半世紀以上にモンテカルロコースほとんど変わらないけど、ラップ長さは3 . 3キロのコースを、そして走行速度はF 1の多くのコースの中で最も速くて、しかしちょうど78圏りんどうの狭い、多曲げ、割り込み困難のコースで行われ、たとえ小さなエラー、も緻命的な。全体での試合で、ドライバーが平均的シフト3000度、これはドライバーとレースも大きな試練。このコースはドライバーたちの悪夢であり、彼らの天国だから、モンテカルロ途中の風景で稀、沿道の随所に険しい山の斜面や狭い街、洋式の民家、豪奢なカジノや不可欠なレースファン観客。
タグを持つHeuer生まれついてのレースが縁で、このユニークな激情を保持している。タグHeuerとモナコグランプリの縁は2011年ご月27日、正式にモナコF1グランプリ公式協力メーカー、またタグHeuerもモナコ優勝チームマクラーレン(ボーダフォンMcLaren Mercedes、じゅうご回優勝)の公式パートナー、一番多くのスポンサーモナコ大賞レーサー。

ウォッチランド グループのさらなる発展を印象付ける2015年のWPHH

 

ウォッチランド グループとは、フランク ミュラーを中核とする時計・宝飾ブランドのグループのこと。レマン湖を一望できるジュネーブ郊外の風光明媚な町ジャントゥに位置し、1998年からこの城館において、WPHH(World Presentation of Haute Horlogerie)として独自の新作発表会を開催している。

特に注目したいのは、2014年に新コレクション「ヴァンガード」を発表したフランク ミュラーであり、2015年は期待通りに、その本格展開が日本でも開始される。

フランク ミュラー|WPHH 2015 ウォッチランド グループ 新作発表会

 

「ヴァンガード」は2014年に登場したあたらしいトノウ型モデルだ。ベルトアタッチメントがケースの裏ブタ側に埋め込まれ、ラグがないため卵型に近い曲線美にあふれている。一段と“樽”っぽさが強調されたダイナミックなデザインだ。インデックス書体も大型でシャープなため、スポーツ感覚にあふれている。

このモデルは、「ヴァンガード」の日本限定仕様だ。近年のフランク ミュラーは「ライジングサン」の名を冠し、レッドをあしらった日本限定モデルを展開してきたが、このモデルも、インデックスやストラップのステッチにレッドを採用し、強いコントラストを生み出している。日本限定らしいカラーリングのこのモデルが、「ヴァンガード」の日本本格展開に彩りを添える。

アナログな文字盤、カーフのストラップ……フォーマルにも使用できる

 

このオルロジカル スマートウォッチは日々の活動と睡眠パターンを記録できるMotionXセンサーを内蔵している。これは、世界的に有名なスポーツブランドが発売しているフィットネスウォッチや、スマートフォン用のGPSアプリなどに広く使われている技術だ。

専用のアプリをインストールしたiPhoneやAndroidスマートフォンとこのスマートウォッチと連携させることで、活動と睡眠の情報を日、週、月単位で分かりやすく表示させられる。

ウェアラブルコンピュータ・デバイスの一種であるスマートウォッチ。多くがタッチパネルのインターフェースを備えるなど、その見た目は高級ブランドの腕時計というより、ガジェットと呼ぶほうがしっくりくるものが多かった。しかし、このオルロジカル スマートウォッチはアナログな文字盤で、ストラップにはカーフを用いるなど、スーツにも合わせられるのでフォーマルな場面で着用できる製品。

大胆な発想が実現した世界最薄の手巻き腕時計

 

ハリウッドセレブ御用達の豪華な宝飾時計ブランドという顔ともうひとつ、スイス屈指のマニュファクチュールという偉大な顔を持つピアジェ。1940年代から複雑時計と同様に高度な技術が求められる超薄型の機械式ムーブメントや超薄型のクォーツムーブメントを開発・製造してきた。

世界最薄の自動巻きウォッチや世界最薄の自動巻きミニッツリピーターなど、エレガントな超薄型ウォッチのスペシャリストとして機械式薄型ウォッチの世界記録を毎年のように更新してきたのは、時計愛好家にはよく知られた話。

ケースの裏側に画期的な天文機構を搭載孤高の機械式時計作りは変わらない

 

機械王国ドイツらしくメカニズムの機能と美しさを徹底的に追求した独自の高級時計作りで、1994年のブランド復興以来、一気に時計愛好家なら絶対に目が離せない特別な存在となったA.ランゲ&ゾーネ。2014年もトレンドとは無縁の、孤高の機械式時計作りは変わらない。

新作で時計好きならまず注目せずにはいられないのが、日付を2ケタの大きなデジタル数字で表示するアウトサイズデイト機構の文字盤をオフセンターデザインの文字盤右上にセットしたブランドの看板コレクション「ランゲ1」に登場したムーンフェイズ機構付きモデル「グランド・ランゲ1・ムーンフェイズ」。

エンポリオ アルマーニ スイスメイド誕生ブランドのあらたな挑戦

 

1975年に自身の名を冠したブランドを世に送り出し、創業40周年を翌年に控えるジョルジオ・アルマーニ。今年、メインブランドのひとつ「エンポリオ アルマーニ」であらたな挑戦をスタートさせた。それがバーゼルワールドで発表されたエンポリオ アルマーニ オロロジ スイスメイド コレクションである。

名前からわかるとおり、スイスで製造されたモデルで構成されるコレクションだ。ジョルジオ・アルマーニ氏は「バーゼルワールドの会場内は最高水準の創造力で埋め尽くされている。このような場所で確固たる評判を獲得し続けることこそ、私自身への大きな挑戦」と語り、これまでの経験を存分に発揮し、信頼を築いていきたいと意欲を見せる。

日本の自然風景の中に秘められた美しい生命

 

金属ではなく、貝やべっ甲、象牙、水牛などの有機素材の表面を1mm以下と、ごく浅くくり抜き、貴金属や貝をはめ込む象嵌技法「ピクウェ」。この繊細なこの宝飾技法は16世紀末にフランスではじまり、ヨーロッパを中心に約300年間に渡り親しまれたが、19世紀末になると時代の変化とともに姿を消し、その技術も職人とともに失われてしまった。

だが、この幻の技法の再現に世界で唯一、日本の宝飾作家・塩島敏彦(しおじま・としひこ)氏が成功。2012年からセイコーは塩島氏とコラボ―レションをおこない、この技法を使った美しい文字盤の腕時計を限定で発売してきた。

世界屈指の強豪フットボールクラブの魅力を表現

 

メッシやイニエスタなど現代サッカー界を代表するスター選手を擁し、常に革新的な攻撃サッカーで世界のフットボールクラブをリードするFCバルセロナ。“バルサ”の愛称で親しまれ、日本をはじめ世界中に熱烈なファンを持つ。スペインの地元バルセロナでは、サッカークラブを超えた特別な存在として君臨するこのチームと、セイコーは2011年から3年間、グローバルパートナーシップを締結している。

FCBARCELONA”のロゴ、裏蓋にもチームエンブレムが刻まれる。さらにクロコダイルストラップの裏地には、スペインのカタロニア地方の地方言語・カタラン語で「クラブを超えた存在」の文字も刻まれる。またチームカラーを使った豪華なボックスも付属する。バルサの熱烈なファンなら見逃せない、特別な1本だ。

メタルブレスレットを採用した実用的な自動巻モデル

 

「44GS」を基本スタイルを継承しながら、自動巻き、メタルブレスレットというオリジナル発売当時には存在しなかった実用的な仕様を実現した限定モデル。
44GSのデザインには大いに魅力を感じるが、手巻きよりも自動巻きがいい。汗をかく夏でも安心して着けられるブレスレット仕様が欲しいという人にぴったりだ。

携帯時の時間精度は手巻きモデルと同等の、日差プラス10秒~マイナス1秒。文字盤カラーは写真の白と黒の2種類があり、ブラックダイヤルのみ「グランドセイコーマスターショップ」での取り扱いとなる。

«143144145146147148149150151152»

Copyright by 大阪小売業者-世古将司のブログ HP: http://www.osakaretailers.top/