世古将司のブログ

大阪小売業者

スポーツウォッチは今はとても暑いですが、私はまだ「小さなゴールドウォッチ」を買いました

スポーツウォッチのこの世界では、「支配」、「小さな金の時計」はまだ「生き残る」ことができますか?

       偶然にも、Dafeiの価格は金の殻の極薄マスターの価格に似ています。 IWCスチールシェルフライングの一般価格は100,000を超え、ジャガー・ルクルトのローズゴールドマニュアル超薄型マスターの価格は110,000を超えています。2つの時計はほとんど同じですが、2つの時計は大きく異なります。

       超薄型マスターは本当に「薄い」です。昨年、ジャガー・ルクルトの極薄ムーンフェイズマスターを買いました。時計は極薄ムーンフェイズのマスターであるため、ムーンフェイズとカレンダーを備え、自動巻きムーブメントでもあり、多くの機能が重ね合わされているため、実際にはそれほど薄くないように感じます。しかし、ジャガー・ルクルトが手作業で極薄マスターを手に入れた後、彼はそれが本当に非常に薄く、薄い刃のように感じたことがわかりました。本物の超薄型時計は、追加機能なし、秒針なしの手動時計、このようなものでなければなりません。これらの追加機能が追加される限り、厚さが増加するためですムーブメント)。 Dafeiと超薄型マスターを組み合わせてみましょう側面を見ると、超薄型マスターにはDafeiの一部しか含まれていないことが一目でわかります。そのような薄い時計は手にあまり感じず、時には手首に何も感じられません。

価格は46,000で、ジャガー・ルクルトにとって最も簡単なマスターです。

Jaeger-LeCoultre私は実際あまりプレイしていません。以前はスチールシェルマスタームーンフェイズとゴールドシェルマニュアル超薄型マスターのみを購入しました。 理由は、ジャガー・ルクルトの時計は主に標準的なドレス時計だからです。 私は通常、上半身にTシャツまたはセーターを、下半身にセーターを着た服を着るので、通常はスポーツウォッチ(またはカジュアルスタイルのウォッチ)を着ます。

  Jaeger-LeCoultreは2年前に新しいバージョンのマスターを発売しましたが、新しいバージョンのマスターはレトロでカジュアルなスタイルに従っており、あまりフォーマルではないだけでなく、非常に若く、私の食欲と非常に一致しています。 さらに、私は常に現在のジャガー・ルクルト運動のジン・トゥオが好きだったので、演奏するためにジャガー・ルクルトカレンダーの新しいバージョンを開始しました。 今日この時計を見てみましょう。

地球へさまよう遠い歓迎からの訪問者

時計の文字盤素材は主に真鍮で作られており、真鍮には電気メッキ、塗装、さまざまな色の印刷、エンボス加工、彫刻、塗装が施され、さまざまなパターンが描かれています。 高級時計は、貴金属を文字盤として使用することがあり、エナメル塗装、宝石象嵌、手動機械彫刻、金属微細彫刻、モザイク縫いなどを使用します...さまざまな複雑なプロセスにより、文字盤は芸術的な創造のためのキャンバスになります。

マザーオブパールと、ターコイズ、カーネリアン、アベンチュリン、ラピスラズリ、マラカイト、オニキス、オパールなど、あらゆる種類の硬い宝石も時計の表面にあり、独特の質感を見せています。 科学技術の発展により、文字盤の素材はより多様になりました。カーボンファイバー、人工サファイアクリスタル、ハイテクセラミックスなど。もちろん、ムーブメント構造の美しさを示すダイヤルはありません。

ヴァシュロン・コンスタンタンが100万を見るのはなぜですか?

ヴァシュロン・コンスタンタンには2つの工場があります。ルー・バレー工場は主に部品を製造しています。ジュネーブ工場は部品を時計に組み立てるプロセス全体を担当しています。非常に複雑な作業を担当する一部の時計職人もここで働いており、ブランドの管理本部もここにあります

さらに重要なことに、ジュネーブにはヴァシュロン・コンスタンタンの「芸術の達人」ワークショップがあり、宝石のインレイヤー、エナメル、機械彫刻家、手彫りなどのトップ職人を集めています。

ヴァシュロン・コンスタンタンの傑作時計、高級ジュエリー時計、孤独な腕時計やその他の作品のロフト職人シリーズ、それらのほとんどはここであらゆる種類の芸術装飾を完成させます。

自動機械式時計の王-PP27-460

機械式時計に強い私たちは、星や月と同じくらい消えないです。究極の運動を追求するために、毒殺者は多くの宿題も行い、情報を探し、図面を学び、詳細を話し合い、磨きました。幸いなことに、多くの偉大な神の提案と多くの記事を読んだ後、私は今でもこの有毒な時計のおもちゃを見つけています。

このエレガントで時代を超越したパテックフィリップには、「The King of Automatics」-24-460Mと呼ばれるムーブメントが装備されており、その外観は一種の高貴さを表しています。顔への横暴な突進は人々を震えさせることができます、王は王です。

動きを更新し、オメガの新しい星座がリストされました

今年の第11周年記念日は、中華人民共和国の建国70周年であるため、毛沢東の像を見るためにオレンジ島に行く予定です。 湖南省の長沙に到着した後、オレンジ島やユエル山などの景勝地の群衆がいました。 結局、私はいくつかのスポットに行きませんでしたが、代わりに長沙IFS IFCに走り、数回IFCセンターを訪れました。 知りません、本当に新しいものを見つけました。 何気なく時計店に足を踏み入れてさりげなく見てみた結果、新しいコンステレーションメンズウォッチがあることに気づきました。 セールスは、この星座が昨日到着したばかりの新しい星座であることを示しています。私は時計を手に取り、詳しく見てみました。本当に新しい世代の星座でした。新しい8800ムーブメントを交換し、時計の詳細を変更しました。

レインボーサークルウォッチだけでは十分ではありません。レインボーディスクをプレイしたいですか?

この業界で過去数年間、いくつかの小さな時計を買うために多額のお金を費やした後、私は精神がゆっくりと変化していると感じています。最後の記事が掲載された後、フォーラムで「なぜ10万元で最高の価値の時計を買わないのか」というメッセージを見ました。

価値の保存は、習得しやすい定量化可能な概念ですが、人々の美的嗜好は非常に異なっています。

だから、私の推奨事項は「価値理論」の人々の心にないことが多いかもしれませんが、これは過去数年にわたって関与してきた楽しみでもあります。伝統的なブランドの緊張と革新的なブランドの爆発的な力が一緒になって時計業界の活力を形成しました。

カラー|名前は文字盤に数ミリの時計が付いているのに、なぜ価格差は100万近くなのでしょうか?

「素人は活発に見え、素人はドアを見る」デイトナはこの文を完璧に解釈した。 同じケース素材の下で、同様の文字盤を備えた2つの時計の最終価格差は108,000マイルです。 -イェー氏、2019年5月26日

前の記事で、私はLujindiが国民の日に確実に30万元を超えると予測しました。 しかし、リリース後わずか数週間で、新しいモデルの提供が320,000人民元を超えるとは思っていませんでした。 !!

5月27日と28日にそれぞれ中国の香港で開催されるクリスティーズとリッチアーティストの有名な時計オークションを組み合わせて、非常に興味深い現象があります:Cal.4030を搭載した18Kゴールドデイトナ16528とリッチアーティスト 同じくタイムスタンプ付きのダイヤモンドバージョンであるオークション番号1119(図1)は、HK $ 120,000〜195,000で評価されていますが、Christieのオークション番号2466(図2)は、HK $ 800,000〜1200,000で評価されています。 ほぼ同じ2つのデイトナが100万元未満の価値があるのはなぜですか?

ロレックスのスピードメーターの秘密

ロレックスは品質と精度をどのように処理しますか? 2つの事実を見てみましょう:最初に、ロレックスの時計は、スーパー天文台の精密時計テストの前に組み立てられました。その毎日の平均誤差は-2 / + 2秒であり、これは平均的な観測所認定の精密時計の2倍以上の精度です。 2015年7月1日から、すべてのロレックスの時計は5年間の保証によって支えられ、時計製造業界の新しいベンチマークを設定します。 ? 答えの一部は、管理メカニズムにあります。

もちろん、結果は偶然ではありません。 ロレックスは、「ロレックスウェイ」とも呼ばれる時計とムーブメントを製造する独自の方法を採用しており、時計に必要な主要コンポーネントはブランド自体が製造しています。 一般に、特定の技術ソリューションはプロセス全体を通して継続的に適用されます。 実績のあるソリューションが新しい標準として使用されます。 したがって、通常ケースバックの下に隠されていますが、ロレックスの動きは一目で見ることができます。 ロレックスの速度調整機構には特徴的な特徴があるため、速度調整機構を見ることでロレックスの動きを特定できます。

「コンフォートゾーン」から飛び出すための時計の購入方法

人々が中年になると、「年ann 100万元、解雇まであと3日」、「中年の危機で煮沸したカエル」など、数秒間(鶏肉)にとどまることができるチキンスープテキストが必ず表示されます。人生、時代によって排除されないように戦略を調整し、最も熱い文章は「快適な領域から飛び出す」ことです。なぜなら、それはカエルを料理するのに最適な環境だからです。

実際、「軽くあきらめないで」というこの時代に、職場よりも快適ゾーンから飛び出す必要がありますか?

数日前、読者と私は、50,000個の時計を見るたびに財布を隠すことができないと不満を漏らし、一瞬で5個を購入し、20万人以上を費やしました。

«6789101112131415»

Copyright by 大阪小売業者-世古将司のブログ HP: http://www.osakaretailers.top/