世古将司のブログ

大阪小売業者

日本限定発売のスピードマスター プロフェッショナル

 

東京2020オリンピックで29回めのオフィシャルタイムキーパーをつとめるオメガ。今回の日本限定発売モデルは、人気の“ムーンウォッチ”をベースにオリンピックにちなんだ意匠が満載! なんと文字盤上のロゴは、オリンピックにちなんですべて“ゴールド”製。タキメーター装備のアルミニウム製ベゼルも五輪カラーをイメージし、ブルー、ブラック、グリーン、レッドを採用。ケースはSSとSS+ゴールド(18KYGもしくは18Kセドナゴールド)。

またポリッシュ仕上げのねじ込み式ケースバックにも、オメガのロゴのほか、東京2020オリンピックのエンブレム、「LIMITED EDITION」の文字と限定番号が入っている。ムーブメントは、手巻きキャリバーCal.1861を搭載。

ラドーの新しいトビラは、未来都市ドバイで開かれた

目覚めたら、眩い光の海上からヌッと半月が浮かんでいた。まだ夢が続いているような。人間の創造力が生み出したという点では同じかもしれないけれど。半月の正体は7つ星ホテルで名高いバージュ・アル・アラブ。ここは砂漠に出現した人工都市ドバイである。ラドーの新作発表の取材でこの地を訪れた。

ラドーといえば新素材への積極的な取り組みで知られる。その名を世界に広めることになったハードメタルはタングステンと炭化チタニウムの合金であり、高い硬質性を誇る。そして50年を経た現在も技術革新は続く。その新たな胎動がドバイで明らかになった。発表された新作「ラドー ハイパークローム」を前に、マティアス・ブレシャン社長は語る。

オープンカーに乗った時、映える腕時計

持続時間の延長により、精度の安定を実現した最新の手巻きムーブメントを搭載する。「グランドセイコーを持って初めていい時計は正確ということを知った。しかも細部の仕上げの美しさはさすが!」(近藤さん)

18KYGケース、手巻き、37.3mm径。¥1,365,000〈セイコーウオッチ お客様相談室 tel.0120-061-012〉

2. RALPH LAUREN AUTOMOTIVE WATCH
オートモーティブ ウォッチ Ref.RLR0220701

オールブラックスがアンバサダーを務める「ブラックベイ ダーク」に注目 ── 全国でチューダー

9月20日に開幕するラグビーワールドカップ2019。アジア初開催となる今大会、オフィシャルタイムキーパーをつとめるチューダーは、2018年の日本上陸をきっかけに時計ファンがいまもっとも注目しているブランドだ。

2007年のグローバルリローンチ以降は良心的な実用時計という性格はそのままに、カラーやストラップバリエーションを豊富に揃えるなど、ファッションアイテムとしての使い勝手を向上させている点も見逃せないポイントだ。

じっさい、ファッション好きにチューダー愛用者は多い。そんなチューダーを語る上で欠くことのできないモデル「ブラックベイダーク」がある。チューダーのアンバサダーを務めるラグビーニュージランド代表・オールブラックスが着用しているモデルとしても知られている。

永遠の輝きを保つ、セラミックスウォッチの進化形━━ラドー

1957年「ラドー」をブランド名に掲げて以来、同社は革新性をアイデンティティとしてきた。意欲的な新素材開発と、モダニズムを追求したデザイン性こそが、ラドーのオリジナリティ。セラミックスウォッチでも先鞭をつけた同社の新作は、かつてない硬さと輝きを時計に与えた。

時を遡ること、はるか1万数千年前、今の中国湖南省で、ロシアのアムール川流域で、そして日本で、先人たちは土を練り、成形し、火にくべて焼き固める技法を生み出した。すなわち土器である。その技術を長い年月をかけて洗練させたのが、現在の陶磁器であり、同時に土器は、工業用に用いられるハイテク素材セラミックスのルーツでもあるのだ。

UKを代表するフォトグラファー、ランキンの作品がスウォッチとなって再登場

先鋭的なアーティストたちの作品を腕時計で手軽に楽しめるスウォッチ アンド アート コレクション。その2011年バージョンが6月1日に世界同時発売され、早くも話題を呼んでいる。なかでも注目したいのが、UKを代表するフォトグラファー、ランキンとのコラボレーションだ。

UKのファッション誌『デイズド&コンフューズド』を創刊し、ファッション誌はもとよりエリザベス女王、トニー・ブレア前英国首相やケイト・モスなどのセレブリティたちのポートレート写真などでも知られている。最近ではトップアーティストのミュージックビデオ、グローバルブランドのCFや映画製作を手がけるなど、映像ディレクターとしても活躍中だ。

技術の進歩がもたらしたリバイバル

もっとも、革新的なケースをもつオリジナル・モナコは、商業的な成功を収めなかった。ユニークな防水ケースはパッキンが痛むとたちまち防水性を失い、世界ではじめて発表された自動巻きクロノグラフムーブメントの製造コストも安くなかったのである。そんなモナコに再び日の目が当たったのは、1997年のことである。ケース構造を一新した“新しい”モナコは、オリジナルの造形を保ちつつも、使えるクロノグラフとして大ヒットを遂げた。その防水性能はなんと100m。ケース製法の進化は、かつてのアイコンモデルを、今にリバイバルさせたのである。 

スティーブ・マックイーンが生み出した伝説

1960年代以降、ホイヤー(現タグ・ホイヤー)は、モータースポーツとの取り組みを強めていた。そのハイライトが、1971年に公開された映画『栄光のルマン』である。関係者たちは当初、主演のスティーブ・マックイーンに他ブランドの時計を着けさせようとしたという。しかし彼は、あえてホイヤーのモナコを選んだのである。ホイヤーがモータースポーツとの関わりをもっていなかったら、あえてモナコを選ぶことはなかっただろう。以降、スクエアなモナコは、自動巻きクロノグラフを載せたスクエアな時計という以上に、時計史におけるひとつのアイコンとなったのである。 

シャーリーン・チョイがボーム&メルシエの185周年記念祝賀会に出席

世界最古のスイスの時計メーカーの1つであるボーム&メルシエは、今年の185周年を記念して開催されます。特に、「時計と奇跡」アジアの高級時計展は、185周年記念式典に出席し、ブランドの新作を目撃しました。 ページ。

        祝賀会では、Ah Saが個人的にクライスラーシリーズの36.5mm自動巻き時計を披露しました。丸いベゼルには78個のダイヤモンドがはめ込まれ、まばゆい輝きを放ち、文字盤は湿った真珠母で作られ、ポインターは細くエレガントで、茶色です ワニ革のストラップの色はより高貴です。 ミーティングで、彼女は人生の忘れられない瞬間をすべての人と共有し、時計は時間を測定することに加えて貴重な思い出を保持し、忘れられない人生の瞬間の最高の証人であると信じています。

Jacques de Roqueがエレガントな8フラワーライムウォッチを選択して、愛の旅を目撃

 

蝶がしゃがみこみ、天使を追い越します。この詩的で穏やかな瞬間に、時間が停滞しているようです。美しい愛の象徴であるバタフライは、励まし、中毒、憧れを与えます。スイスの高級時計ブランドであるジャック・ド・ロドリゲスは、すべての美しい愛、愛のたびに、永遠に記憶される価値のあるあなたを伴っています。

       アトリエダートでは、蝶をテーマにした2組のプチヒューレミニッツモデルを紹介します。 。繊細でロマンチックな蝶は、歌の時間の美しさを象徴し、斬新さはユニークです。直径43mmのレッドゴールドケースでは、文字盤の下にたくさんのフェニックスの花が膨らみ、花の中で手彫りのレッドゴールドバタフライが滑り、ブルーに満たされた蝶の羽とレッドゴールドバタフライが互いに引き合います。

«6789101112131415»

Copyright by 大阪小売業者-世古将司のブログ HP: http://www.osakaretailers.top/