世古将司のブログ

大阪小売業者

ロレックスオイスターパーペチュアル114210-70190時計

ロレックスオールドエアマスターは、以前のオイスターパーペチュアルシリーズに組み込まれた、よりクラシックな時計です。 新しいエアバスと比較して、古いエアバスの外輪はロレックスの伝統的なピットパターンです。 青い文字盤、ローマ数字、3列のリンクのデザインが統合されています。 ファッショナブルでスタイリッシュ、型破り。 新しいモデルに視覚的な疲労がある場合、古い航空戦闘機を使用することも良い選択です。

Huadanのユニークなスタイルとムーブメントに関するチューダーの特別な機能が販売されています

 北京の秋は特に短く、味わう時間が来る前にすでに冬に入っているようです。 今年の冬は非常に寒かったのですが、幸いなことに、屋内に滞在した方が良いように、暖房は事前に供給されていました。 親愛なる友人、あなたの場所の天気はどこですか?冬には、服を着て風邪をひくことを忘れないでください。 最近、Hengli World Famous Watch Centerの北京ブルーアイランドビルを訪れ、チューダーフラッグシップと、ステンレス製のチューダーカウンターのクラシックモデルを見ました。 他の2つの時計も過去のベストセラーファンドなので、今すぐフォローしてください!

ヴァルフルリエが新開発したビッグデイトモジュールを組み込む

新作が搭載するのは、ヴァルフルリエが新開発したモジュールを汎用ムーブメントに組み込んだ自動巻きCal.RL3105。かなり大型のビッグデイト表示が新鮮です。

ケースはおなじみのヴィンテージ仕上げを施したSSケース。文字盤は光沢のあるカモフラージュダイアル、またはマットエナメルのチャコールグレーダイアルの2タイプが発表されました。

 

ブライトリングが誇るクロノマットの製造工程を取材

ブライトリングの創業100周年にあたる1984年に誕生したクロノマットは飽くなき進化を続け、2009に現行モデルが誕生。7年を経た現在も同社のフラッグシップモデルとして不動の地位に君臨しています。果たして、時計ファンを引きつけるその魅力とは何なのでしょうか? “プロの計器”ならではのこだわりの製造工程に迫りました。
自社製Cal.01を初搭載した2009年以来、航空クロノグラフのフラッグシップとして君臨。 瞬時の視認性、操作しやすい逆回転防止ベゼルを備え、鍛え上げた316L SSケース&ブレ スが、凄まじい質感を漂わせます。500m防水。 

23年目にして待望の「トリプルセンサー」を装備

最新フロッグマンは、1993年の初号機から数えて第6世代となります。開発には、実際に過酷な現場で活躍するプロレスキューの方に協力を仰ぎ、助言や要望をすべて盛り込んだそう。そうした話を理解するためにも、やはり潜水士の資格は欠かせなかったとのことです。

 最も大きな進化点は、シリーズで初めてトリプルセンサーを備えたことにあります。これで方位と水温、そして水深を測ることができるようになりました。

 

2019年10月のスイス時計の輸出は前年比1.5%増加

スイス時計産業連盟(FH)が発表したばかりのデータによると、2019年10月のスイス時計の輸出は20億スイスフラン(20億3000万スイスフラン)を超え、前年比で1.5%増加しました。中国の香港市場の大幅な減少(-29.7%)が全体的な成長を妨げ、その他の地域は一般的に上昇傾向(+ 6.5%)を示しました。


       輸出額では、金時計(+ 17.6%)が成長に最も貢献し、ステンレス鋼時計(-1.9%)と貴金属時計(-1.9%)がマイナスの影響を及ぼしました。同時に、輸出は大幅に減少し続けました。これは主に、他の素材で作られた時計(-19.1%)とステンレス鋼の時計(-9.8%)によるものです。

モンブランがスモールセコンドの限定版コレクションを発表

歴史的なMB M62.00キャリバーは、1948年のピタゴアキャリバーに触発され、その幾何学的形状は特に印象的です。 2003年、ミネルバウォッチファクトリーは、MB M62.00ムーブメントの形状を変更し、よりクラシックな形状とハイエンドの仕上げを実現しました。 MB M62.00ムーブメントには、中央に時と分、スモールセコンド(6時の位置)が表示されます。

        繊細なサーモンのツートーンのスプレー塗装された文字盤は、ユニークな形と美しさを提供します。 時計製造工場の歴史に敬意を表するために、ミネルバの秘密の署名が4時から5時の間に初めて追加され、非常に特別な限定版の時計になりました。 スモールセコンドダイヤルには「アズレ」(円形ギョーシェ)が施され、レイアウトはメインダイヤルよりわずかに低くなっており、コントラストと読みやすさが向上しています。

ローウェル・スアン・グループが正式にティファニーを162億米ドルで買収

近年のティファニーの弱い成長と株価の下落にもかかわらず、これは依然としてラグジュアリー業界の歴史の中で最大の買収です。ルイ・ヴィトンとクリスチャン・ディオールを所有するフランスの高級品グループは、1株当たり135ドルで買収を完了しました。これは、以前に流通していた最終取引価格より約35%高い値です。

       伝説的なアメリカの宝石商ティファニーの買収により、ローウェルスアングループは「ハードラグジュアリー」ジュエリーと時計ビジネスへの影響力を高め、伝統的にスイスの競合会社であるリシュモンがこの分野を独占しました。このグループは、カルティエやヴァンクリーフ&アーペルなどのブランドを所有しており、最近ではミラノの宝石商ブッカラティを買収しました。

全世界で実用性高く使えるソーラーGPS仕様のアドベンチャーウオッチ

登山家の三浦雄一郎氏が監修するランドマスターは、過酷な環境条件でも耐える堅牢性と信頼性を備えた本格アドベンチャーウオッチ。これまでも多くの冒険家たちに愛されてきました。

今回、新たに誕生した「グレートトラヴァース」は、地球上のどこにいてもGPS衛星からの電波を受信し、緯度・経度・高度の特定からすばやく現在地の正確な時刻を表示してくれるGPSソーラーウオッチとなっています。

高山や洋上のような電波が届かないアドベンチャーフィールドでも問題なく、ソーラー充電機能を搭載しているので定期的な電池交換や外部充電の必要がありません。

強靭な作りはアメリカ特殊部隊のお墨付き

突然ですが、SUUNTOは古くからアメリカ海軍特殊部隊の第6部隊「SEAL Team-6」と深い関係があることをご存知でしょうか。

同部隊のSUUNTOに寄せる信頼はかなり厚く、最近では2015年発表の「SUUNTO TRAVERSE」をSEAL Team-6が試用したとのこと。このモデルは、「衝撃/落下」「暴雨環境」「砂塵/砂嵐環境」「凍結/解凍」「高温」「極度湿度」「液体耐性」など、19項目にものぼる環境耐性テスト「MIL-STD-810G」(通称ミルスペック)をクリアした、タフネスモデルでした。

«891011121314151617»

Copyright by 大阪小売業者-世古将司のブログ HP: http://www.osakaretailers.top/